協会の支援方針

代表理事の岡を中心に多くの顧問がメンター兼アクセラレーターとして短期間に急成長をしてさらなる成長を目指してIPO(株式上場)やM&A(バイアウト・会社売却)を考えている起業家を支援します。我々上場創業者にしかわからない上場ノウハウを中心に協会独自のメソッドで正しい方向に導き事業をブラッシュアップします。会員が無知や無謀な計画で大きな失敗をしないように資本政策作成、事業戦略の壁打ちやKPIの進捗管理、人事マネジメントなどで起業家に伴走して事業をサポートします。さらにシナジーを創り出すアライアンス先や出資会社、エンジェルの紹介も積極的に行い事業を加速化します。

上場企業に求められる経営管理体制や事業計画作り=IPO準備の知識やスキルを「知っているか、知らないか?」だけで大きな差が生まれます。この経営管理体制の整備や特に資本政策やファイナンスについては後戻りが出来ないので教えてくれる人がいなかったでは済ませれません。一般的に意識と能力レベルの高い上場を目指す経営者ほど、上場企業の創業経営者に聞けば簡単に解決するようなことでも、一人で悶々と悩む傾向があります。特に壁にぶつかって精神的に追い詰められたときは、しがらみのない外部の人間の言葉に心を動かされると言います。そのような起業家に対する壁打ち相手やセーフティーネットとしての役割も果たしたいと考えます。

代表理事や顧問との壁打ちによりビジネススクールやアクセラレーションプログラムだけでは学べないEXITするための超現実的な企業価値を高める専門知識やスキルと必要なマインドセットが学べます。

課題や解決策の検証方法、ビジネスモデル、資本政策、安定したCFの獲得方法、経営チームの構成やマネジメント、KPIの設定と改善方法、またゲリラ戦の戦い方などについてもリーンスタートアップとデザイン思考による壁打ちを通じて新たな気づきが得られます。さらに緊急度や重要度による優先順位のアドバイスや耳の痛い不都合な真実も教えることで落とし穴にはまることを未然に防ぎます。もちろん収益を上げるためのさまざまな支援も行い、会員の性格、癖、目標を理解して経営課題を深く聞き、スケールだけを追いかけるのではなく想定外のトラブルでも起業家の心が折れないようにフィードバックして伴走しながら全力で支援します。

そして会員の皆さんにIPOの興奮を味あわせてあげたいと思います

協会の80名の顧問の方々は協会の趣旨に賛同し、社会的意義を感じて集まってくれた上場企業の経営者やアクセラレーター、仕業の方々です。ビジネスの修羅場を経験して成功体験を持つ先輩起業家たちが教訓や知恵、習慣を伝授し親身になって会員の相談にのってくれます。顧問はメンタリングだけではなく、会員への出資や会員のサービス・商品のファーストユーザーにもなってもらえます。ただしベンチャー企業の中でも「スタートアップ」と呼ばれる、IPOやM&Aを目指す経営者だけに特化して支援します。現在100社の会員の平均資本金は1億円強で、ビジネス領域はITサービスからIoT,リアルテックまで特に問いませんが会員の意欲、モチベーションを高めハイレベルな知識・スキル・習慣、また良質なネットワークを提供するために有料会員制で入会審査があります。

 

●ワンプトップでIPO準備が可能な会員特典

  1. 代表理事のメンタリング(月1回1時間)
  2. 成長資金の調達支援(キャッフロー経営支援)
  3. 資本政策・ストックオプションの最適化
  4. 内部管理体制の強化(予実管理・ガバナンス) 
  5. 人事評価制度の導入(報酬・組織体制の見直し)
  6. 戦略的M&A支援(DD対応、条件交渉)
  7. 顧客紹介(業務提携、ジョイントベンチャー)
  8. PR支援
  9. ピッチ対策マニュアル(ピッチトレーニング)
  10. 中長期事業計画書の策定支援(戦略と目標)
  11. 上場準備チェックリスト300
  12. 協会顧問弁護士の無料法務相談
  13. 有力税理士による資産管理会社や税務相談
  14. IPO企業をクライアントにもつ社労士との労務相談
  15. 有力エージェントによるハイクラス人材の紹介
  16. CFO紹介(社外取締役、監査役) 
  17. 居抜きの事務所移転支援 
  18. プロのコンサルによるEコマース支援

●個別年間カリキュラム

第1回 組織マネジメント

チームビルディング、コミュニケーションスキル、CXOの採用方法

 

第2回 資金調達について

銀行融資、資本性ローン、増資、J-KISS、助成金補助金のメリットデメリット。

 

第3回 資本政策について

フェアバリュエーションと株主選定問題、持株比率など。

 

第4回 投資契約書について

タームシートによるレビューと改善策

 

第5回 資産管理会社について

税務効果と設立方法、ホールディングス化など。

 

第6回 予実管理とトップライン作り

予実差異分析と顧客紹介

 

第7回 上場準備の進捗管理について

チェックリストで課題抽出と改善指導

 

第8回  内部管理体制について

労働債権、関連当事者取引、反社・反市場チェックなど。

 

第9回 事業計画書について

蓋然性測定とブラッシュアップ、見直し 

 

第10回  ピッチトレーニング

スライド作成とプレゼンスキル指導。

 

第11回 ストックオプションについて

無償、有償、信託型などの説明

 

第12回 人事評価制度について

絶対評価と相対評価、リテンションマネジメント

 

第13回 PRについて

セルフブランディングや広報活動、社内プロモーション。

 

第14回 労務問題について

労基に関するリスクチェックと対策

 

第15回 IPO準備について

 

上場準備チームの作り方と見直し