顧問紹介


APAMANグループ 代表取締役社長 大村浩次


 APAMANグループは、国内外24(内、上場2)のグループ企業から成り立ち、『約24万人の資産家』『約100万世帯の入居者』『約3000社のCOWORKING会員』に対して PLATFORM事業を展開しております。

(事業内容)

・約24万人に及ぶ資産家の顧客への支援 (資産価値の最大化)

資産家の方々より約100万戸の賃貸管理を受託しており、入居率向上やリフォームなど、「資産価値の最大化」の支援を行っております。またシェア事業として、資産家の方々の資産を 民泊・パーキングストレージとして運用しております。

・約100万人の入居者に対してのサービス

賃貸管理物件に入居する約100万世帯の入居者に対して、保障・保険・緊急駆けつけ等の生活サービスを提供しております。

また、国内外に1165店舗(国内最大)、年間約45万件の賃貸契約を行っております。

・約3000社のCOWORKING会員へのサービス・支援

国内外に30ヶ所の COWORKING SPACE を展開(国内では最大)しており、会員は約3000社に及びます。会員に対して、ビジネスマッチングやアクセラレーションプログラム等を提供しております。

 

(経歴)

1999年  ㈱ アパマンショップネットワーク(現アパマンショップホールディングス)設立、代表取締役就任

2001 年  全国賃貸管理ビジネス協会 理事就任

2005 年  (公財)日本賃貸住宅管理協会 理事就任

2005 年  全国賃貸管理ビジネス協会 副会長就任

2014 年  (公財)首都圏不動産公正取引委員会 理事就任