顧問紹介


ラクサス・テクノロジーズ株式会社 代表取締役社長 児玉昇司

広島市出身。シリアルアントレプレナー。早稲田大学EMBA修了。

1995年、早稲田大学入学半年後に最初の起業。

会社売却などを経て、自身4度目の起業となるラクサス・テクノロジーズ株式会社を創業。

2015年2月、毎月定額でラグジュアリーブランドのファッションアイテムが無限に使い放題(貸したり借りたり)になるC2Cシェアリングプラットフォームアプリ「Laxus(ラクサス)」をローンチ。

2017年、ラクサスは経済産業大臣賞(最優秀賞)を受賞。

ローンチから55ヶ月連続で拡大中。会員数は32万人、流通総額は420億円を突破して推移。毎月の会員の継続率は95%以上。2017年3月までにWiLなどを中心に20億円以上を調達。

国内のシェアリングサービスで利用率、第1位を獲得(※)。

今後、NY、パリ、ロンドン、シンガポール、香港での展開予定。NYでの事前登録では、わずか1週間で日本国内ローンチ時の実に3倍超を獲得。※バルク調べ

 

ラクサスは、経済産業大臣賞(最優秀賞)を始め、EY Entrepreneur Of The Year 2016、日本アンドレプレナー大賞、全国Startup Day、日経新聞 NEXTユニコーン108社に選出、中国地域ニュービジネス大賞など数々の受賞歴あり。

企業URL:https://laxus.co/