入会審査基準について

協会のエコシステムと会員のクオリティを維持するためにシードアーリーステージの場合は原則として下記の入会審査基準があります。詳細はメンタリング時にお願いします。

形式基準

CEOの持ち株比率が過半数以上(経営のリーダーシップを確保。グループ子会社、EXITがM&Aの場合は除外

②外部株主の持ち株比率が3分の1以下(IPO時での株価形成の阻害排除。グループ子会社、EXITがM&Aの場合は除外)

③株主構成/反社会的勢力、反市場勢力の排除の取り組み

 

●実質基準

①壁打ちができる地頭の良さ(面談時に評価します)

②ピボットも受け入れられる柔軟な環境対応力

③高いストレス耐性

④嘘をつかない、逃げない誠実な人間性

⑤差別優位性の高いビジネスモデル

※n-1のスタートアップはCFOの面談も同時に行います。

 

  • N-5期(シード期:ローンチ前) 
  • N-4期(アーリー期:ローンチ後で売上予測は不明)
  • N-3期(ミドル期:事業利益で赤字解消の目処)
  • N-2期(直前前期:短期的な利益予想が可能、内部管理体制の整備開始)
  • N-1期(直前期:予実管理と内部管理体制の整備完了)
  • N期(上場申請期)