協会ファンドの設立目的と問い合わせフォーム

 私の3年間の支援活動を振り返り、残念に感じるのはファーストファイナンスでの資本政策の失敗の多さです。一番多いのは共同創業者間で創業者間契約をしないで株式を均等割して資金調達をしたケースです。次はシード期にオーバーバリューで資金調達をしてしまい、その後期待以上の成果が出ずシリーズAやBに進めないケース、シードアーリー期で3分の1以上の株式を放出してしまい経営のリーダーシップがとりにくくなったケースです。その他悲惨なケースが多数ありました。

 資本政策は後戻り出来ません。いくら経営チームが優秀で、良質なメンタリングやマッチングを協会が提供してもCEOが事業コントロールができないのであればIPOやM&Aは困難です。また地方に住むスタートアップや、中年層のスタートアップ、女性起業家で散見されますが、シード期の資金調達時にネットワークやスキルがなく必要以上に時間を奪われ、心が折れたりトップラインを伸ばせなくなるケースです。      

 また現状メンターの立場でスタートアップを支援している中で、特に資本政策においては「発言力では株主には勝てない」もどかしさを感じることも多く、オーバーバリューや投資契約の厳しい内容で苦しんでいるスタートアップ多数います。この深刻な事態を今後少しでも減らすためにも協会でファンド組成して、優秀なスタートアップに初期投資する必要性を感じました。これで資本政策や税務リスクのアドバイスが確実に実行され、フェアバリューと縛りすぎない契約内容、健全な資本政策により次回のラウンドに有利に働き、資金調達がスムーズに行えるリアリティのあるエクイティストーリーが描けます。

 次に顧問やスポンサーがLPになることで良質なエンジェルネットワークが形成され、投資家コミュニティ内での情報共有も可能になります。ここではLPの投資機会の最大化と効率化を図り、日本のベンチャー投資の底上げを実現します。

 このファンドで日本最強クラスのエンジェルネットワークを構築し、マーケティングにより優秀なスタートアップが日本中から集まるファンドになることを目指します。そしてエンジェル投資の社会的認知や日本のベンチャー投資の活性化につなげ、投資リターンの最大化という経済性と支援協会という社会性を両立させながら永続的に社会のために貢献していきたいと考えます。

6月からは、スタートアップへの投資活動と並行して、金融機関、VC、事業会社、士業からの出資も予定しており、10億円を目処に募集活動を継続してまいります。

 

【JSSA1号ファンド概要】

・名称:「日本スタートアップ支援 1号投資事業有限責任組合」

・設立日:令和元年5月1日(水)

・無限責任組合員:一般社団法人 日本スタートアップ支援協会、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社

・有限責任組合員:上場企業の経営者が20名以上(※以下、一覧表掲載) ほか

・募集予定金額:10億円

・投資対象:一般社団法人日本スタートアップ支援協会の会員企業及び会員候補企業、その他紹介先など。

・運営期間:8年間 (最大延長2年間)

 

◆現在の出資者(予定者も含む)一覧 ※非公開の出資者を除く

荒井邦彦(東証1部:株式会社ストライク/代表取締役社長)

吉村英毅(東証1部:株式会社エボラブルアジア/代表取締役社長)

岡本泰彦(東証1部:ライク株式会社/代表取締役社長兼CEO)

平尾丈(東証1部:株式会社じげん/代表取締役社長執行役員CEO)

真田哲弥(東証1部:株式会社KLab/代表取締役社長)       

山本 拓真(東証1部:株式会社カナミックネットワーク/代表取締役社長)

田中邦裕(東証1部:さくらインターネット株式会社/代表取締役)

野村秀輝(東証1部:株式会社ビューティガレージ/代表取締役CEO)

宮田影久(東証2部:中北製作所株式会社/代表取締役副社長)

トーマス・フォーリー(東証マザーズ:シルバーエッグテクノロジー株式会社/代表取締役社長) 鈴木明人(東証マザーズ:GMOTECH株式会社/代表取締役社長)   

吉井伸一郎(東証マザーズ :サイジニア株式会社/代表取締役)

澤博史(東証マザーズ:データセクション株式会社/会長)         

岩田進(東証マザーズ:株式会社ロックオン/代表取締役社長)

白石崇(東証マザーズ:株式会社ライトアップ/代表取締役社長)

七村守(東証JASDAQ:株式会社セプテーニホールディングス/名誉会長)

佐藤朋也(東証JASDQ:ヒューマンホールディングス株式会社/代表取締役社長)     

上田祐司(名証セントレックス:株式会社ガイアックス/代表執行役社長)   

谷井等(シナジーマーケティング株式会社/元代表取締役社長)

大冨智弘(株式会社ティルス/代表取締役社長)

深野竜矢(税理士法人StandbyC/代表社員)

 

◆アドバイザリー

田所雅之氏(ベストセラー「起業の科学」著者)

代官山綜合法律事務所・代表の 森一生弁護士

高野秀敏氏(著名ヘッドハンター)

株式会社morich・代表取締役社長の森本千賀子氏

M&Aアドバイ ザーの宮崎淳平氏

多数のスタートアップ企業のCFOを経験した鈴木吾朗氏

エンジェル投資家の大冨智弘氏

 

日本のスタートアップ企業支援界隈の中枢で活躍されている方々を出資者とアドバイザリーに迎え、投資先育成に関与していただきます。

 

◆ファンド設立目的

以下スタートアップを取り巻く5つの深刻な課題の解決のほか、出資者のスタートアップ企業のリサーチ、ネットワーク 構築などもサポートします。

(1)スタートアップ企業の資本政策における失敗

(2)地方起業家や中年起業家、女性起業家の資金調達期間の長期化

(3)投資家からの過大評価による次ラウンドでの資金調達の失敗

(4)情報不足による個人投資家のエンジェル投資の失敗

(5)他国と比較して日本の低水準なベンチャー投資金額

 

◆ファンド特徴

“起業家が起業家を育てる”を信念としてファンド設立。

(1)現役上場企業経営者がファンドに個人出資者として参加することで良質なエンジェルネットワークを形成

(2)上場を成功させた企業の経営者が、投資先スタートアップ企業のメンターとなるため、スタートアップ企業は理想的 な経営指導を仰ぐことが可能

(3)日本スタートアップ支援協会の会員であるスタートアップ企業約100社の中から有望な投資先を選択。投資家における 投資効率の最大化が期待できる

(4)起業家の資本政策失敗を最小限に抑えるべく、相場にあったバリューにて投資先との公平な関係を構築

 

◆フュ―チャーベンチャーキャピタル株式会社概要

・代表者: 代表取締役社長 松本直人

・設立: 1998年9月

・資本金:1,943百万円

・事業内容 : ベンチャーキャピタル業務

・東証JASDAQ コード8462

・URL: https://www.fvc.co.jp/

 

このファンドは“起業家が起業家を育 てる”という信念のもと設立。

上場企業の経営者たちが投資先のメンターとなることで、スタートアップ企業は理想の経 営指導を受けることが可能となります。また、低水準といわれる日本のスタートアップ企業への投資金額を増やすことや 、女性起業家・中年起業家・地方起業家などの資金調達をスムーズに進めることなどの“スタートアップ企業への投資”に まつわるあらゆる課題の解決も期待できます。

 

ファンドについてお問合せフォーム

スタートアップの方で資金調達の方は下記を記入して送信してください。

大企業や個人投資家のLP投資の方は下記のフォームからお問い合わせください

メモ: * は入力必須項目です