顧問紹介


正林国際特許商標事務所所長・弁理士 正林 真之


 

1966年生まれ。

1989年東京理科大学理学部応用化学科卒業。

1994年弁理士登録。

1998年正林国際特許事務所(現・正林国際特許商標事務所)設立。

2007年~2011年度及び2018年度及び2019年度日本弁理士会副会長を務める。

また、2010年~2013には年東京理科大学専門職大学院(MIP)客員教授を、現在は東京大学先端科学技術研究センター 知的財産法分野 客員研究員及び東京大学大学院 新領域創成科学研究科 非常勤講師等を務める。

著書は「貧乏モーツァルトと金持ちプッチーニ」(サンライズパブリッシング)、「知的財産法判例教室」(法学書院)、「知的財産法判例教室グローバル版 米欧中韓」(経済産業調査会)、「会社の商標実務入門」(中央経済社)等。

特許・商標を企業イノベーションに活用する知財経営コンサルティングの実績は国内外多数。注力している業務は、知的資産経営・知財価値評価、知財マネジメント、知財コンサルティングである。事業モデルや収益性をベースにした知的財産権構築のご提案し、国内外を問わず迅速・的確に対応できる最高水準の仕事で取り組んでいる。発明者とのコミュニケーション、法律・技術や豊富な具体例を含めた難解なマターについてのわかりやすい説明には定評がある。

 

http://www.sho-pat.com