セミナー&勉強会レポート


5月17日最新のPR戦略セミナー

 

最新のPR戦略セミナーです。
東証一部上場/ベクトルグループ株式会社 代表取締役社長の西江顧問がから2時間みっちりレクチャーしてもらいました。いろいろな事例も交えてわかりやすく解説してもらえる毎回満席になる人気セミナーです。
【参加者コメント】
先日は、貴重なお話ありがとうございました!! 広告業界の僕からすると、西江さんの考えはシンプルながら斬新でとても勉強になりました。 今まで当たり前に感じていたADの考え方は、当たり前じゃないと痛感しました。 これから会社や業務のマーケティング戦略を考える上での新たな引き出しとし、邁進していきます。 自身にとって、とても実になった勉強会でした。 また、改めて仕事のご相談もしたいです。 今後ともよろしくお願いします。
【参加者コメント】
先日は貴重なお時間をご一緒させていただきありがとうございました。 タレントの起用や、動画でみせるPR手法というのは弊社のビジネス特性上今まで考えられていなかったので、非常に勉強になりました。 セミナー後、早速広報チームで改めて「当社の広報哲学とはなにか?」について固めようと動きだしております。 上場を見据えた広報戦略等、お聞きした内容を生かしていきたいと思います。とても有意義な時間を過ごさせていただきました。本当にありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。
【参加者コメント】
ネーミングの重要さや シンプルなことなのに複雑に物事を考えすぎてしまうことなど 本質をついたお話が多く大変勉強になりました。 今後とも何卒よろしくお願いします。
【参加者コメント】
先日は貴重な講義を聞かせていただきありがとうございました。 講義で一番印象に残ったのは、「わかりやすい名前」ことです。特に、中立的な名前を社名にすることで、勝手にSEO対策までできてしまうという点は全く考えたことがなかったので、参考にさせていただきます。ありがとうございました。
【参加者コメント】
セミナーを受けて、 自分の広報知識がなかったこと 会社としての広報戦略が確立されてないこと が、大きな気付きでした。 とても有意義な時間を過ごさせていただき、ありがとうございます
【参加者コメント】
先日は本当に貴重すぎるお時間をありがとうございました❗
資料のデータまで頂き、ありがたい限りです。
また今日は改めてご面談のお時間まで頂き、ありがとうございます。後程よろしくお願い致します
岡さん
素敵な機会を作って頂き、感謝しております。

5月15日元上場企業プレス担当者による実戦セミナー

 

元上場企業プレス責任者による実戦プレスセミナー です。
日本PR協会の福地さんにニュースリリースや記者懇談会、キャラバンなど広報PR関係の全業務についてレクチャーしてもらいました。現場の第一線で活躍されてましたので非常に実践的な内容なのですぐに実行できます。
【参加者コメント】
広報と広告の違いすら分からなかった状態でしたが、実際にどのようなことを目的にどういったアプローチをとって広報すべきかということに関して非常に"実践的"なノウハウを教えて頂き大変楽しかったです。 データに基づいてお話されていたので非常に説得力がありました。まだ実践経験がないので、今後Superviseしてもらいいつつ経験を積んでいきたいと思います。有難う御座いました。 
【参加者コメント】
昨年の5月から兼任で広報を担当していますが、素人が手探りでもがいている状況ですので本日のセミナーでは目からウロコなことも多く、大変勉強になりました。本日教えていただいたポイントでプレスリリースアイデアも浮かび、早速実践していきます。まずは月1回プレスリリースを出すことを目標に、めげずにコツコツ続け、記者さんとの関係性を築いていければと思います。本日は本当にありがとうございました。
【参加者コメント】
今まで広告中心に携わってきた為、今年の1月より広報に関しては全くの無知の状態で仕事をすることになったのですが、その上で様々な資料や本に目を通し、なんとなく広報について知っているつもりになっていました。ただ、実際広報について熟知した方からお話を聞くと、ふんわりとした大枠しか理解しておらず、広報がすべきことについて知った気になっていただけだということが分かりました。今回、私がすべきことについて再度認識することができたので、次に活かせるいい機会を設けて頂けたと思っています。とても勉強になりました!ありがとうございます。

5月10日大型M&A経験者によるバイアウト実践セミナー

 

大型M&A経験者によるバイアウト実践セミナーです。
サムライト創業者で朝日新聞社にバイアウトされた柴田泰成さんをゲストにポストM&Aも含めて実体験を踏まえてレクチャーしてもらいました。
【講師コメント】
本日は、ありがとうございました!セミナーというより座談会のような形でワイワイやりたいなと思っていましたが、皆さんの積極的なご質問のおかげで、想定よりも楽しく進行させて頂くことができました!また何かあれば直接ご連絡頂ければと思いますので、引き続きよろしくお願い致します!
【参加者コメント】
本日は、貴重なお話し、ありがとうございました! 期待していたエグジットに関してだけでなく、買収側の考えや、新規事業の考え方に関しても、今までの自分に無かった考えを伺う事が出来て、大変学びの多い時間になりました。今後とも、宜しくお願いします!!
【参加者コメント】
買収側、被買収側両側面の目線を持たれた柴田さんのお話を聞けて、今後の会社の事業を考えていく上で視座があがり、とても為になりました。 今日お聞きした事を事業構想に組み込める様、努力してみたいと考えております!! 
【参加者コメント】
 ネットには流れていない、非常にリアルなお話を聞かせていただきました。 現状のM&A市場の動向、事業の考え方、とても参考になりました!
【参加者コメント】
非常に価値のあるセミナーをして頂き、ありがとうございました❗得たかった項目は早々に解決しただけでなく、生々しいリアルな状況も聞くことができ、今後に活かせそうです。
また是非、御話しお話を聞かせて頂きたいです。
ありがとうございました(^-^)/

4月13日18日労務トラブル解決法と体制強化セミナー


社員30名の壁突破!労務トラブル解決法と体制強化セミナーです。

問題行動をとる困った社員の取扱いと労働時間の上限規制への対応、勤怠不良・能力不足・メンタル不調などへの対処方法を社労士の先生と岡代表理事が解説しました。

 

【参加コメント】

本日のセミナーで一番心に残ったことは、何らかの理由で休職した従業員を復職させる場合は、簡単に復職させてはならないということでした。 これまでに、弊社では4人の精神を病んだ社員を抱えてきました。それらの社員は休職後、自己申告により何の疑問も持たず復職させていましたが、完治せず復職させたときに事故が発生していたら、その責任は会社にあったと知って怖い思いがしました。 社員のためにも、会社のためにもいろいろなことをしっかり勉強していきたいです。

 

【参加者コメント】

直近の労働法制のトレンド、法令・判例、過去の事例を踏まえて、労務リスクの事業に与える影響の大きさと事業会社が平時から備えておくべき点について、非常に分かりやすく説明頂き、大変参考になりました。自社に持ち帰り、今取り組むべきことを確認したいと思います。

 

【参加者コメント】

IPOに向けて今の組織はまったく揃っていないことばかりでした。また、労働者の権利ばかりがフォーカスされて経営者はかなり雇用しにくい状況と考えていましたが、義務を定義し明確にシンプルにコミュニケーションするとこで緩和されることがクリアになり良かったです。

 


4月5日(木)中長期事業計画書策定セミナー


中長期事業計画書策定セミナーです。

月次決算の早期化・PDCA精度向上のためのレクチャーと質疑応答を行いました。

【参加者コメント】

本日はありがとうございました。中期事業計画策定セミナーと伺っていたので、月次決算という切り口のイメージがなかったのですが、終わってみるといい意味で期待を裏切られ、大変勉強になりました。特に、足元の数値も理解していない企業の中期経営計画は信じられないという考えは、言われてみるとなるほどと思いました。 資金調達にあたり中期計画や将来のことを考えがちですが、そもそもの自社の実態についての理解が不足していたことを痛感しました。KPIは取引先数や契約数といった単純な数値で十分だと考えていたのですが、第三者に説明するにあたっては、訪問件数、電話件数といった日常業務まで数値として語る必要があるということに今更ながら気づきました。今後すぐにでもKPIの検討・見直しを行い、第三者に対しても論理的に説明できる体制を整えたいと思います。 本日は貴重な機会を設けていただき本当にありがとうございました。

 

【参加者コメント】

中経の勉強会と思い参加しましたが、 それ以上の得るものがある有意義な時間でした。 経理に対する考えも見直すキッカケにもなり、 経理=営業との連携や、 正に、経営管理としての会社の在り方、 そもそもの経営者としての在り方も考えさせられました! ありがとうございました!
【参加者コメント】
貴重な機会を頂き誠にありがとうございました。
⚫︎月次決算が中期事業計画を策定する上でも極めて重要な点
⚫︎経理が経営全般に与える影響力
⚫︎客観的に自社の現状を把握する必要性等
多くの気付きを頂きました。
昨日の勉強会で学んだ内容を早速、自社の経営活動に活かして行きたいと思います。
誠にありがとうございました!

3月1日、9日資産管理会社設立セミナー


資産管理会社の設立や生前贈与は資本政策上で非常に重要なポイントになります。ビジネススクールやアクセラレーションプログラムではあまり触れない事を税務の専門家と経験者がレクチャーと質疑応答をする大人気のセミナーです。

 

【参加者コメント】

産管理会社は聞いたことがありましたが具体的な内容は今まで知らず、正直今の私にはあまり関係ない話かなと思いつつも参加させていただきましたが、会社の規模が小さければ小さいほど資産管理会社を作るメリットが大きいということで早すぎる話ではないなと感じました。 早めに知っておくべき知識であるにもかかわらずほとんどの人が早めに知る機会に恵まれないですが、日本スタートアップ支援協会に加入すればこういった所の知識も得られるのだという事を垣間見ました。 今日は目から鱗のお話を聞く機会に恵まれ感謝です

 

【参加者コメント】

大変わかりやすいお話ありがとうございました! チャンスはまさに今だと再確認出来、ありがとうございました! ぜひ諸々よろしくお願いします!

2月22日、23日ベンチャーファイナンス勉強会


講師:プルータスコンサルティング 中川氏

企業価値とは何か、フィナンスの手法とタイミングについて、株主構成をどう考えるか、付き合うべき投資家とその投資スタンスの違い、種類株・新株予約権の本質、など具体的な疑問点を論議しました。

【参加者コメント】

IPOまでの各フェーズでの株価算定、企業価値算定の基本ロジック、事業計画書と資本計画書は一体であること、 イグジットからバックキャスト、種類株式(優先株式)など、エクイティファイナンスする上で必要な考えかたを体系的に知ることができました!

【参加者コメント】

貴重なセミナーをありがとうございました。2時間本当に勉強になるお話ばかりでした。 ファイナンスする上で重要なポイントやバリュエーションの計算方法について、契約内容に置いて気をつける点などこのセミナーでしか学べない部分も多く感謝しております。自社のファイナンス時に活かしたいと思います!

【参加者コメント】

 資金欲しさに、初めの資本政策を間違えると取り返しがつかなくなることを知った。 これまでは事業計画を練ることだけに時間を練ってきたが、資本政策も重要であることを知った。 事業計画、資本政策ともに、都度、相談できる仲間がいることのありがたさ、重要さを改めて感じました。

 


1月30日、2月16日上場までの資本政策 中級編


レクチャーして講師:株式会社Stand by C 深野竜矢氏

最近IPOしたスタートアップの資本政策分析をすることで参加者自身の資本政策に非常に参考になる実践的なセミナーです
IPOに成功したスタートアップの資本政策を公開情報から読みときます。どの時点でどのような業績でどの程度のバリュエーションをつけていくら調達したのか、さらにIPOは公募・初値でそれぞれいくらになり、創業者・投資家にどの程度のリターンが出たかの分析を行います。IPO事例を見ることで、スタートアップがIPOまでの資本政策ロードマップを早期に策定することの重要性とその方法論についてレクチャーしてもらいました。

【参加者コメント】

少人数ということもあり、聞きたいことが即座に質問でき、インタラクティブな勉強会で運が良かったです。 内容も濃く上場までの資本政策のロードマップがより具体的に想像することができました。VC目線よりの資本政策ではなく、俯瞰的にみていくことも重要だと再認識しました。深野先生、岡さん、石井さんお疲れ様でした!引き続き宜しくお願いします。

【参加者コメント】

資本政策、調達についてもやっと思っていたことが、具体的なケースを眼の前にして考えることでだいぶはっきりして来ました!ありがとうございました。

 


資産管理会社と生前贈与/創業者のための税務セミナー


講師:あいわ税理士法人/代表社員杉山氏、矢崎氏

 

資産管理会社や生前贈与は資本政策上で非常に重要なポイントになります。ビジネススクールやアクセラレーションプログラムではあまり触れない事を税務の専門家と経験者がレクチャーと質疑応答をしました。

【参加者コメント】

税務上とても有益な情報を頂きました。管理会社の設立だけでなく、資本政策そのものを再考したいと思います。

 

【参加者コメント】

売上計画や資本政策などは日常的に考える事が多いですが、現時点のフェーズでは見落としがちな将来的に発生する税金について非常に多くの知識を習得する事が出来ました。 一歩間違えると危険な落とし穴もある事を認識できた事は非常に良かったです。 早速実行に移したいと思います!

 

【参加者コメント】

資産管理会社は聞いたことがありましたが具体的な内容は今まで知らず、正直今の私にはあまり関係ない話かなと思いつつも参加させていただきましたが、会社の規模が小さければ小さいほど資産管理会社を作るメリットが大きいということで早すぎる話ではないなと感じました。 早めに知っておくべき知識であるにもかかわらずほとんどの人が早めに知る機会に恵まれないですが、日本スタートアップ支援協会に加入すればこういった所の知識も得られるのだという事を垣間見ました。 今日は目から鱗のお話を聞く機会に恵まれ感謝です。

1月15日時価発行新株予約権と信託スキームの活用セミナー


講師:プルータス・コンサルティング/エグゼクティブ・ディレクター中川卓也氏

今話題の時価発行新株予約権と信託スキームについて専門家からの熱いレクチャーを受けました。

少しレベルは高いですが資本政策上も非常に重要な内容なのでスタートアップにはステージを問わずマストのセミナーです。

【参加者コメント】

今回も大変為になるセミナーを有難う御座いました。 現在、まさに資本政策の見直しを行っており、ストックオプションも視野に入れております。その中で、見落としがちなリスクについて事例も交えながらご説明頂いた事は大変参考になりました。また、新しい手法についても丁寧に教えて頂き、取るべき手段のオプションが増えた事は大変有意義でした。 貴重なお話を有難う御座いました

【参加者コメント】

後何人かタレントが必要なんで、SO制度使っていきたいと思っています。長谷川と検討していきます。今後とも、よろしくお願いいたします。

【参加者コメント】

これまでデットのみで動いておりましたので 採用に活用したいとおもっておりますが 希薄化の懸念含めて検討しているところになります。 大変参考になりました。ありがとうございます。

 

 


12月21日ケーススタディ/資本政策実践編


講師:株式会社Stand by C 深野竜矢氏

最近IPOしたスタートアップの資本政策分析をすることで参加者自身の資本政策に非常に参考になる実践的なセミナーです
IPOに成功したスタートアップの資本政策を公開情報から読みときます。どの時点でどのような業績でどの程度のバリュエーションをつけていくら調達したのか、さらにIPOは公募・初値でそれぞれいくらになり、創業者・投資家にどの程度のリターンが出たかの分析を行います。IPO事例を見ることで、スタートアップがIPOまでの資本政策ロードマップを早期に策定することの重要性とその方法論についてお伝えしました。
場所は大手町駅直結のSPACESで開催しました。。
素晴らしいコワーキングスペースや、イベントスペース、ミーティングルーム、バリスタカフェを備えた、新しいワークプレイスです。
https://www.spacesworks.com/ja/tokyo/otemachi/

【参加者コメント】

先日はありがとうございました。 いつもながら軽快で痛快な切り口であっという間の時間でした。 スタートアップ事情、特にこの資本政策の部分はアメリカが 先行しており、その動きをいち早くチェックしておくことの重要性を 知らされました。そして、その分野は自分たちでなく、 専門家の先生にお願いするのが一番だな、と。 今後とも、ご指導よろしくお願いいたします。  

 

【参加者コメント】

先日の勉強会ありがとうございました。個人的にはこれまでネットの記事などでしか知らなかったコンバーティブルエクイティの話がとても面白かったです。(特に起業家と投資家の力関係の機微のあたりはとても勉強になりました!) あらためて自社のファイナンス計画に役立てていきたいと思います!

 


12月19日プレス実践セミナー


講師:日本PR協会 PRプランナー部会幹事 福地聖佳氏

トップラインやバリュエーションを上げる為に不可欠なPR活動についてのセミナーです。企業規模に合わせたブレスリリースやSNS、動画コンテンツ、キャラバンの具体的な方法や落とし穴について元上場企業のプレス担当者を講師に招いてレクチャーと質疑応答を行いました。私もPR活動でマスコミにかなり露出されましたのでセルフブランディングの観点からもショートレクチャーをしました。

また活発なディスカッションもしたいので定員は8名として実践セミナーなので現場の方だけでの参加もOKにしました。

【参加者コメント】

広報の基礎の部分を非常にわかりやすくご説明頂き、以前より広報に対する意識が増しました。発信力は企業規模関係なく重要であること、また記者の方とどれだけ信頼関係の構築ができるかによって記事の取り上げられ方が変わってくることも学び、広報は発信するだけでなく人とのコミュニケーション力も必要だと感じました。

【参加者コメント】

本日はありがとうございました! 広報に対してあまり積極的ではなかったですが、分かり易ご説明で意識が少し変わりました。なにごともそうですが、信頼関係と相手の立場に立って考えること、コネクションの重要性を痛感しました。また広報活動をする場合はご相談させてください。

【参加者コメント】

昨日は、勉強会に参加させて頂きありがとうございました。 仕組みの部分からとても分かりやすくご教示頂き、勉強になりました。 またPRのつまりは、単なる対メディアという企業間の構図に止まらず対人であり、その対象である相手を動かす為にはどうすればいいかだという事が理解できました。 効果の事例もお聞きし、これから注力したいと思っておりますので改めてご相談させて下さいませ。 引き続き、宜しくお願い致します。

 


12月13日 人事評価制度セミナー


講師:あしたのチーム 東京営業部マネージャー 川島勇人氏

人事評価制度の落とし穴と導入に必要な環境整備など私の失敗経験の共有と専門家を講師に招いて質疑応答を中心に開催しました。今回で4回目の人気セミナーです。

【参加者コメント】

この度は参加させていただきありがとうございました。 少人数制で個室だったこともあり、集中しながらもリラックスして伺うことができました。 多くの企業様を見てこられた川島さんだからこそ聞けるお話や岡さんのご経験に基づいたアドバイスなど大変勉強になりました。 また、評価シートのサンプル自体、弊社のものしか見たことがなかったため非常に参考になるものでした。 伸びない企業、伸びる企業のお話を念頭に置き、伸びる企業にするために今後も提案して参りたいと思います。 本当にありがとうございました。 また機会がありましたら宜しくお願い致します。

【参加者コメント】

過去に何度か起業をした時に20~30人規模で 壁がある感覚をずっと持っておりました。それを突破(解決)する1つの策は「人事評価制度」だと 思っております。今、力を入れている会社はまだ3名ですが、 早期にしっかりとした「人事評価制度」を導入したいと思っております。 川島さんの話や資料、岡さんの経験談もとても参考になりました。 本当にありがとうございました。


11月20日 資産管理会社と生前贈与セミナー


 資産管理会社や生前贈与は資本政策上で非常に重要なポイントになります。ビジネススクールやアクセラレーションプログラムではあまり触れない事を森・濱田松本法律事務所の増島先生と栗原先生にレクチャーをしました。私の失敗談も含めて質疑応答も活発で非常に有意義なセミナーになりました。

個人的には資産管理会社設立のメリットは創業者の相続税の節税=自社株買いを避けることによる会社の財務基盤の安定、相続のたびの株式分散の防止=安定株主化、代表に適格SOを発行できる可能性が生まれることであり、さらに保険や配当金の節税効果でもあると考えています。

【参加者コメント】
増島先生、栗原先生、本日はセミナーありがとうございます。資産管理会社については、書籍等が少なく学ぶ機会がなかったので大変勉強になりました。後からやっておけばよかったということがないように、本業と併せてしっかり検討していきたいと思います。ありがとうございました。
【参加者コメント】
増島先生、栗原先生 本日はありがとうございました。資産管理会社の考え方や取り組むべきタイミング、税務上や実務上の注意点など幅広くお話を聞くことができて大変勉強になりました。
【参加者コメント】
増島先生、栗原先生、本日は貴重なお時間頂き、ありがとうございました。資産管理会社、生前贈与、ストックオプション、資産を守り引き継ぐというでフェンスを体系的に理解することができました。また資産管理会社は一刻も早く作った方がいいと痛感しので、すぐに設立させたいと思います。ありがとうございました! 

10月26日 エンジニア採用強化のための勉強会


優秀なエンジニアのリクルーティングとリテンションマネジメントについて専門家を交えて議論しました。

【参加者のコメント】

本日は貴重セミナーありがとうございました!弊社、エンジニアには大変苦労しているところですが、最新情報をお聞きでき良かったですか。まず、人材紹介会社には頼らず、KPI管理を伴うリファラルに力を入れようと思います。その前に東大生のインターンを囲い込む事ですね、、さっそくセミナー後にメール送りました! 採用の本格化はまだ先ですが、本日の内容を踏まえ採用に取り組みます!本日はありがとうございました!

 

【参加者のコメント】

本日はエンジニアの採用についてのセミナーをありがとうございました。 やはり有名、イケてるIT企業に対抗できる強みを持って、今後採用活動を 行おうと思いました。今、実験的にやっている在宅ワーカーの活用法等を 上手く組み合わせ、特色のある勤務形態、そして企業文化作りをしたいと思います。 本日はありがとうございました。

10月19日 メガバンクとのデッドファイナンス勉強会


都内有力メガバンク副支店長と元上場企業CFO参加するかなり濃い目の勉強会でした。
コストの高いエクイティではなくコストの安いデットファイナンスの調達の極意を現役融資担当銀行マンから直接伝授してもらえましたので参加者は非常に勉強になりました。

勉強会での主なテーマは1、プロパー融資の基準や条件、もしくは融資まで持っていくまでの流れとコツ 2、銀行との関係性構築の仕方(例えば:銀行マンとの付き合い方と支店長面談に持ち込むには?) 3、会社の成長に合った銀行の選び方、4、保証協会の審査の特徴やポイント、でした。

【参加者コメント:HR】
メガバンクの副支店長から、ざっくばらんに銀行の内情や傾向などを包み隠さずお話頂き、貴重な時間だったと思います。保証協会とプロパーとの違いや難易度、対策などは参考になりました。今後のデットファイナンスで改めて大切だなと思ったことは、銀行担当者の重要性、明確な資金使途と回収計画の綿密さ。そのことで可否が変わってくることを肝に銘じて進めていく必要がある事を痛感し、よい機会となりました。今回を機に知識だけでなく、実際に取り組んでいけるようにしていこうと身が引き締まる思いになりました

2017年10月18日 IPO税理士による企業会計転換セミナー


上場準備中のスタートアップの内部管理体制の構築は非常に負荷がかかります。

内部で行うことと外部に委託することを上手く使い割ることで時間とコストだけでなくリスクもヘッジできます。

特にIPOに精通した税理士とそうでない税理士では上場準備の過程で大きなロスが発生することがあります。

その他ビジネススクールやアクセラレーションプログラムでは学べないことを専門の税理士の先生にレクチャーしてもらいました。

【参加者のコメント】

IPOを目指す経理と節税等の対策の経理で全く違う事を論理立ててご説明いただき、大変納得いきました。 最初から見ていただいていればよかった!と思うレベルのお話でしたので、とても参考になる勉強会でした!

 


2017年10月12日 デジタルマーケティング勉強会


この勉強会の目的は会員同士で刺激をし合ってモチベーションを高めることと、すぐに仕事に役に立つ知見と情報を共有することです。専門家を交えてデジタルマーケティングについて参加者間で事前に課題を決めて生産性の高い勉強会を開催しました。実際の参加者の事例をベースに課題を議論する形で実施しました。

会場は大手町駅直結のSPACESで開催しました。素晴らしいコワーキングスペースや、イベントスペース、ミーティングルーム、バリスタカフェを備えた、新しいワークプレイスです。おしゃれすぎです(笑)

https://www.spacesworks.com/ja/tokyo/otemachi/

【参加者コメント】

岡さんのケーススタディは毎回参考になり気づきが多く、石松さんの会社が開発しているマーケティングツールなどを拝見しもう少しデジタルマーケティングの基礎から始め戦略的に運用していくことが重要だと学びました。みなさま引き続きよろしくお願いいたします。

【参加者コメント】

これからメディアを通じてコンテンツづくりに入ろうと思っておりましたので、このタイミングでお話伺うことができて良かったです。 まだまだアフィリエイトの会社利用は先になりますが、利用の際はご教授いただいたテクニックを使いたいと思います。 コンテンツづくりを通じて、本サービスの成長に繋げられるよう進めたいと思います。 貴重なセミナーありがとうございました。

【参加者コメント】

ディスカッションにて、PRやアフィリエイトの活用など、かなり有用な情報をいただけたのと、弊社としてはブログの運用、事例紹介を早速始めようと思います。  御社サービスで検索いただいたキーワード結果のスクショをいただけますと幸いです。 よろしくお願いいたします。

【参加者コメント】

Webでのマーケティングを今後の戦略の一つだと考えていたのですが、まずは従来の戦略であるアライアンスや提携先をさらに強化していこうと思いました。その先に、認知されることが課題になるので、岡さんのセッションでもあったPRのところを参考にさせていただきたいと思いました。 とても内容の濃いインプットの機会をいただけたこと感謝申し上げます!


2017年9月27日 社労士による労基対策セミナー


講師:(株)山口人事労務オフィス代表 山口将司氏

◎セミナー内容

労基問題をテーマに社労士の先生と質疑応答を行いました。
労働条件自主点検表、労基署実態調査資料、労働条件通知書を題材に質疑応答しながら専門家がレクチャーしました。

【参加者のコメント:ITサービス】

雇用時必要な書類や労基対策なども事例を交えながら、ご説明頂き、大変わかりやすいセミナーだったと思います。そして、改めて身が引き締まる思いとなりました。みなし残業代、パートの有給休暇などに関しても理解してなかった場合に問題となる事があるため、なんとかなくわかっているだけでは今後労務問題が起こるリスクがある事を再認識しました。自社で実施できていること、そしてできていないこと、わかってはいるけど対策できていないものの、3点がきちんとセミナーによって気づき、そして勉強ができ、有意義な時間となりました。スタートアップへの理解を頂き、寄り添った説明やギリギリの質問等にも真摯に対応頂けたおかげで、疑問や不安を払拭できる機会ともなりました。避けては通れない労務について、理解を深められた事で今後の雇用する際に活かさせると思います。このような機会を創って頂いた岡さんはじめ、講師の山口さん、一緒に参加した皆さんありがとうございました。引き続きご指導の程宜しくお願いいたします。

 


2017年8月25日、9月7日 ストックオプションセミナー


講師:株式会社プルータス・コンサルティング エグゼクティブディレクター 中川 卓也氏

◎セミナー内容

事前アンケートに基づいてレクチャーとさらに質疑応答を中心に疑問を解決できる人気セミナーです。

 

【参加者のコメント:ITサービス】

ストックオプションに関する知識を得られるものがあまり出回っていない中で、本日講義を受け、SOの骨子をある程度理解することができました。 結局自分たちがEXITのバリエーションをいくらに見込んでいて、それを配布する人、配布して巻き込む人にいかに説得力を持たせて伝え納得してもらうかが重要だと感じました。 ストックオプションの設計は結局は資本政策の一環であり、早い段階からその知識について触れられたことは、非常に今後に繋がることだと思います。岡さんにもご経験からSO配布の実態をお聞き出来たのは貴重でした。 個人的にはSOの価格がどうやって決まるのか、また資金調達しているしていないでも算定方法が変わる気がしていますが、そういった具体的な実務についてお聞きできれば、より設計または検討しやすいと思いました。 この部分についてはもう少し経ちましたら、個別に中川さん等にお聞きしたいなと思っています。 頂いた資料を基により知識を付けたいと思います。本日は貴重なセミナー誠にありがとうございました!

【参加者のコメント:HR】

ストックオプションは過去に苦い思い出がございまして、 税制不適格のストックオプションを自分に付与したのですが、 当然、株式転換時に大きな税金がかかると分かり、 償却した経験がございました。 今回の勉強会では有償新株予約権信託は初耳で、 とても良い情報を知ることが出来たと思います。 ストックオプションを付与するのはもう少し先になると思いますが、 しっかり勉強して備えようと思います。 2度過ちを繰り返さないように。

 

【参加者のコメント:ITサービス】

有償ストックオプション、有償新株予約権信託に関してもう少し踏み込んで調査・検討してみようと思います。 また、生々しい貴重なお話を伺うことができた、他にはない会でした。ありがとうございます

 

【参加者のコメント:ITサービス】

ありがとうございました。資本政策やストック・オプションは体系的に学べる場が少ないので、本当に貴重な時間でした。 ファイナンスの知識を身につけること、ゴールを設定し時間軸で考えること、そして、哲学を持って判断することが創業経営者に求められる重要な資質だと感じました。 単なる座学ではなく、多くの経営者とのおつきあいがあり、様々な経験を違う角度からされているお二方の経験談やアドバイスは今後の経営判斷時にも指針にさせていただければと思っています。今後ともよろしくお願いします。

 


2017年8月30日 事業計画書作成セミナー


講師:株式会社Stand by C 深野竜矢氏

◎セミナー内容について

正しい事業計画書の作成の仕方とさらに資本政策との整合性連続性を担保するノウハウをレクチャーしました。

【参加者のコメント:製造小売】

初めて協会のセミナーに参加させて頂きましたがここまでのすぐに活用できる実践的なセミナーは受けたことがありません。 特にマーケットサイズに関してはタイムリーに疑問に思っていたことが質問できよかったです。 また、少人数制ということもあり、志の高い皆さまとお知り合いになれて有意義な時間でした。 改めまして、岡さん、深野先生、みなさまお疲れ様でした。引き続き宜しくお願いいたします。

 

【参加者のコメント:HR】

今回セミナーでは、第三者からそしてVC・投資家からの目線も交えてご説明頂いた事でよりリアルで実践に活かせる中身の濃い内容だったと思います。どんな顧客のどんな課題に取り組むかが重要、問題解決よりも問題発見を重視する必要があるなど、わかっているようで実際にできていないことであり、客観的な目や視点をきちんと持たないといけない部分であると感じました。模範となるようなIRや資料なども交えて、説明頂いた事で理解ができ、具体的な上場企業の例や裏話などは参加しないと聞けない話は非常に参考になりました。自身の気になっていた質問なども詳しくお教えて頂き、大変ありがたかったです。教えて頂いた事を実践で発揮できるよう取り組んでいきたいと思っております。登壇して頂いた深野さん、そして岡さん、皆様ありがとうございました。

 


2017年8月17日 プレス実戦セミナー


講師:日本PR協会 PRプランナー部会幹事 福地聖佳氏

◎セミナー内容について

トップラインやバリュエーションを上げる為に不可欠なPR活動についてのセミナーです。企業規模に合わせたブレスリリースやSNS、動画コンテンツ、キャラバンの具体的な方法や落とし穴について元上場企業のプレス担当者を講師に招いてレクチャーと質疑応答を行いました。私もPR活動でマスコミにかなり露出されましたのでセルフブランディングの観点からもショートレクチャーをしました。

【参加者のコメント:HR】

 

広報活動は、リリースは「企業を映す鏡」というお話を頂き、よりPRの重要性を感じる一言でした。会社の信頼度などに関わる大切な要素であると再認識したと同時に、メディア選定の明確化やスケジュールなどの立て方なども具体的にお教え頂いた事で、自身の今後やっていく必要がある事が整理できました。情報発信をしていくという事も大事ですが、いつ、どのように、どこへ、どんなことを伝えていくなどを「仕掛ける」ことが必要であると痛感しました。多くの情報の中で当社を選んでもらえるかは、やはり相手が求めている情報を明確に届けることが近道であると同時に、その事をより何度も繰り返し行い、発信し続けることでより会社やサービスの認知を上げていける事がわかったので、来期の計画を策定するところですので、立案・実行にしていけるよう取り組んでいきたいと思っています。このような機会を創って頂き、福地さんはじめ、岡さん、皆さんありがとうございました。

 

【参加者のコメント:マッチング】

これまでPR業務は重要な位置づけでしたが、場当たり的になっており本来もっと戦略的に行っていかなければいけないということを知ることができました。 そして、具体的にどのようにスケジュールを引き、どのように自社ネタを扱っていけばよいのかを理解することができました。特に初出し~ローンチ、ネタを引っ張るという見せ方は目からウロコでした。 さっそくすぐに使える知識満載で、会社に戻ってPR戦略を考えるのが楽しみです! 是非またセミナーよろしくお願いいたします^^

 

【参加者のコメント:VR】

岡さんの実践的なお話と福地さんのテクニカルなお話のバランスがすごく良かったです。 PRプランの立て方や、リリースの書き方について、具体的、実践的な話、特にPRプランのサンプルを元に、様々な施策を説明いただけたので、体系的に理解出来ました

 

 

 


2017年8月10日 IPO法務セミナー


講師:増島弁護士

◎セミナー内容について

IPO法務セミナーを開催しました。

 

増島弁護士をお招きしてIPO準備にマストの投資契約書の落とし穴についてレクチャーをしていただきました。

 

先生は今年6月のFinancial Times紙で複数の投資家を引受先とする日本初の日本版コンバーティブル・エクイティ(第三者割当による有償新株予約権発行方式)による資金調達案件によりProtecting & Unlocking Value部門:1位を受賞されました。

 

セミナーではVC相手に交渉していくにあたり気をつけたほうがいい条項や有利に契約を締結するためのポイントなどのついても中川顧問と一緒にわかりやすく解説していただきました。

 

参加者からの多数の質問についても丁寧に回答していただき本当にありがとうございました

【参加者のコメント:ITサービス】

今回のIPO法務セミナーを受講させて頂き、VCの方々との契約の際 に最低限知っておかなければならない、戦略的契約書の作成方法を 学ばさせて頂きました。特に、『残務財産分配の分配権』に関 して、契約の基礎づくりにおいての重要性を認識させて頂きました。 この講座は、必ず、一度は受講すべき講座だと思います。

 

【参加者のコメント:マッチング】

弊社が今後検討するであろうエクイティファイナンスにおいて、VC側の戦略・事情を詳らかご教示いただき、投資契約でスタートアップが陥りやすい罠をピンポイントに把握でき大変感謝しております。 「大企業の不祥事が続く中で、スタートアップを財務・法務面から支えることで、将来の日本を盛り上げていく」という増島先生の志に畏敬の念を抱くと同時に、なんのためにスタートアップに身を置くのかを、改めて考えさせられる素晴らしい機会を頂戴しました。

 

【参加者のコメント:ITサービス】

今後調達をしていくにあたり、どのようにタームシートの内容を詰めていくか、どのように進めていくかというイメージを沸かせることができた、非常にためになるセミナーだったと感じております。 大変貴重な機会をアレンジ頂きましてありがとうございました!

 

【参加者のコメント:マッチング】

ず本日の内容が基礎的に部分に寄りすぎず、もっとも重要である実際の投資契約書に基づいた点であったことが何より勉強になりました。基本的な部分については、書籍等で勉強できますので。 内容につきましては、何よりも“起業家サイドのあるべき姿”に基いて講義していただいた点が、非常にありがたかったです。これほどまでに起業家側の視点でご教授頂ける方にはこれまでに出会ったことがなく、非常に充実した時間でした。増島先生のブログもすぐに拝読し、起業家のあるべき投資契約が結べるように知識を深めたいと思います。 本日は貴重な講座誠にありがとうございました!

 

 

 


2017年8月9日 M&A実戦セミナー


講師:サムライト創業者 柴田泰成氏、

◎セミナー内容について

 朝日新聞社へのバイアウトで有名なサムライトの柴田さんがゲストとして参加してくれたので非常に実戦的なセミナーになりました。IPOへの過程の中でバイアウトも選択肢になります。参加者はその時のために知見を高めることが出来たので非常に有意義な時間だったと思います。
やはり経験者の言葉は重みと腹落ち感が違いますね。私も大変勉強になりました。

 

【参加者コメント:HR】

M&Aを検討しており、戦略的にKPIの設計や事業の計画を練らないといけないと思っていたのでとても参考になりました。特にM&Aは買い手あってのことなので、再現性がないというのが印象的でしたが、再現性がないからこそ、経験者の複数の事例を聞くことができてよかったです。

 

【参加者コメント:ITサービス】

前半部分は一般的な情報も多かったですが、タイムリーな事例をもとに専門家がどのように見ているのかも聞けて参考になりました。 後半のパネルディスカッションは大変参考になりました。質疑も交えてM&Aの現場や実務で疑問だったところがある程度クリアになりましたし、M&Aは全体的に正解がないという前提で、ハンドリングできるポイントとできないポイントを整理して、努力できるところをがんばってみようと思いました。

 

【参加者のコメント:マッチング】
2時間という時間があっという間に感じられるほど濃い内容のセミナーでした。
MAは、IPOとは違い相手がいて成立することから不確実性が極めて強いという印象を持っておりました。柴田さんの実体験でもあったようにMAの流れとしてまずは協業して1年くらいがたったうえで、話を持ちかけるみたいな、ある一連の流れがあることから、自社に置き換えても十分将来的には考えられる選択肢だと思いました。

 

【参加者のコメント:HR】

市場感と実務感がとても良いバランスで説明頂けて、俯瞰しつつもより実践的な視点で学ぶ事ができました。また生生しい体験談は、経営陣が失敗しない良い財産にも繋がるので私も勉強になることばかりでした。

 

【参加者のコメント:メーカー】

 ①イグジットは日本の北米でMAとIPOでは大きな乖離があるが、MA件数は増加傾向にあるが、MAを前提として起業はまだほとんどない。  →今後MAもイグジットの選択肢として評価されるようになるので、選択肢としてもっておくべき。 ②上場企業の中にはスタートアップのMAを取り組み項目として中計に織り込んでいるケースがあるが、予算の多くは15~20億程度。  →売却希望額が20億より高くイグジットしたい場合は難易度がかなり高くなる。 ③協業からスタートし、関係性を作りながらMAに進めるのが非常に効果的。 ④DDに必要な時間は3カ月程度だが、協業の期間が長くなるので選定先の優先順位が大事 ⑤売り先としては、キャッシュリッチでMA慣れしている、決済者との交渉が最もスピーディーで効率的 ⑥上場企業にMAする場合、上場基準での管理体制資料を求められるので普段から準ずる管理体制を意識する必要がある ⑦減損リスクからアーンアウトも増えてきている

 


2017年7月20日、8月4日 人事評価制度セミナー


講師:あしたのチーム 取締役営業企画本部長 赤羽博行氏

◎セミナー内容について

人事労務に関する最近の判例などのトピックスの紹介と大半を参加者との質疑応答にしました。。

 

【参加者コメント:求人サイト】

従業員10人以下でも人事評価制度を取り入れていらっしゃる企業様があることに正直なところ驚きました。 私のイメージはやはり2.30人規模の企業様くらいから対象となる制度だと固定概念を持っておりました。 ただ人事評価制度は小規模の状態に取り入れるとより組織の体制が整うということがいかに重要かがわかりました。 そして弊社の組織体制を整えていかないといけないことを目の当たりにしました。こちらは社内で共有させて頂きます

 

【参加者コメント:メーカー】

勉強になったことまとめ

①マイナス評価の徹底でやる気のある社員への分配を鉄板でやる。根拠がある降格を、減給は10%までになる。② 100名以下の会社で必要な項目 ●行動目標の自己設定 ●絶対評価 ●マイナス査定 ●四半期評価 ●IT化(クラウド)

弊社は実際今評価制度を業務をやりながら作っており、 10月で開始し、実際に運用できるか否か心配項目が多い部分があります。

 

 

【参加者コメント:シェアリングエコノミー】

講師側3名に対し受講者3名という、とても濃密な意見交換の環境をご用意いただいた事自体に感銘を受けました。 経営者として選択することが出来ない、いわゆる机上の「べき論」ではなく、岡様、あしたのチーム様の蓄積されたケース・体験知に基づくアドバイスを軸に、質疑を深めさせていただくことで、自社の人事評価制度について今日から取り組める点、見直すべき点を具体的に認識できたことが、何よりの収穫と感じております。 貴重な学びの機会をアレンジいただきましたこと、改めて感謝を申し上げます。今後ともなにとぞ、よろしくお願い致します。
【参加者コメント:ITサービス】
【印象的だった部分】 ・給与テーブルの考え方と手当での調整手法 ・人事評価制度の導入に向けて従業員への伝え方や言ってはいけないワードとは。 「あなたのため」という説明がベスト 「上場のため」「会社のため」は絶対NG 。
【参加者コメント:メーカー】
ありがとうございました。 ■人事評価制度の構築は既存社員の不安を払拭するだけでなく、業務効率を改善することができる。 ■新卒中途採用に対しても効果は大きい。ただ、それを正しく運用する管理者がいなければ、全く意味がない。 マネージメント層の育成もかなての取り組みが必要。 ■コストは想定よりも遥かに高い(明日のチームさん)ので充分に取り組みができるタイミング、体制を見計らわなければならないと思いました。

2017年7月21日 PR戦略セミナー


講師:ベクトルグループ 代表取締役社長 西江肇司氏(東証一部上場)

◎セミナー内容について

上場準備企業や上場企業を対象に株主対策も含めたPR戦略について熱く語ってもらいました。後半は参加者との質疑応答で参加者の疑問や悩みを解消してもらいました。

都合により内容はここでは書けませんがシードからレイターまで全てのスタートアップにとって非常に実戦的ですぐに実行できる内容です。少人数で半分以上を質疑応答に時間をかけたので、事前質問と当日質問も含めて全員の質問に答えてもらうことができました。セミナー終了後も何名かの参加者の相談を受けてもらい非常に有意義な時間となりました。

【参加者コメント:ITサービス】

本日はありがとうございました。 やはりプロとしてのやり方はプロにしかわからないのだなあ、という印象でしたが せっかく効果を出せても、社内で対応の体制が追い付いていない等とならないよう、戦略的にPRとして攻めにいくタイミングも重要だと感じました。 情報収集源がWEBに移行していく中、過去のPRの常識が通じない部分も多くあるとして最新の情報をキャッチしていくことも忘れずに活動していきたいと思います

 

【参加者コメント:シェアリングエコノミー】

PRというものの概念が全く変わりました。 マーケティング(広告など)はマーケティング、PRはPRという風に見てたのですが、 情報を届けて、買ってもらうという目的において、情報の種類と媒体が異なるだけで、別に考えてはいけないと思いました。一つ上のレイヤーで見れるようになったような気がします。 なるべくシンプルに考える、シンプルにする、という考えがとても参考になりました。 上場まで何個売れば良いのか、数字が言えるか、というお話が核心をついてて、恥ずかしながら目が覚めました。戻って即、営業の責任と話ししました。 また、ユーモアが散りばめられててお話しがとても楽しかったです。 2時間でしたが、100万円以上の価値があった思います。それだけでも会費分の元が取れました^ ^。数年後には億単位の価値があったと言えるよう、学びを活かします。
【参加者コメント:ファッション】
動画の重要性については、認識していましたがプレスリリースまでそうだったとは、、、その視点はありませんでしたので、自社のPRのあり方について根本から考え直す機会となりました。 またPR集客から自社サイトへ集客した際、TOPページでの動画によってユーザーの理解度を飛躍的に高めることがトップラインを伸ばす上で重要ということがわかり非常に勉強になりました。 早速、動画作成に向けて動こうと思います。
【参加者コメント:マッチング】
西江社長のシンプルに本質だけを見る姿勢見習いたいなと思いました。 弊社のサービスの内容が分かりづらい為、動画を作ったのですが上手く活用できていないと思っていたので、サイトトップに設置はすぐに実行したいと思います。 紙面掲載ばかり意識をしていたので、PR戦略を考え直すよい機会になりました。 ありがとうございました。

 

【参加者コメント:シェアリングエコノミー】

本日は貴重なお時間いただき、ありがとうございました。日常の中でも動画に触れる機会が多いとは実感しておりましたが、どれほどPRにおいて重要か再認識致しました。また「会社の情報がいくつの媒体に掲載されたかではなく、どれだけ的確なユーザーに届いたか」ということを意識するということも新たな発見でした。これからは広報はよりシンプルに動画を利用しながら行ないます

 


2017年7月14日 デットファイナンスセミナー


講師:日本政策金融公庫 荻布センター長と上場企業の元CFO阪田顧問

資本性ローンについて詳しく解説をしていただき、時間ギリギリまで質疑応答も活発に行なわれました。
また私が過去に経験した17億円以上のデットによる資金調達の経験も交えてショートレクチャーも行いました。

【参加コメント:ITサービズ】

銀行さんとの付き合い方が聞けて良かった。 資本制ローンについても直接担当者の話を聞けたので、正確で踏み込んだことが聞けた。ぜひ活用したいと思います。

 

【参加者コメント:マッチング】

本日のデット資金調達の勉強会では、日本政策金融公庫の資本性ローンが、ベンチャーにとって苦しい時期において有効な資金調達手段の一つであることを理解しました。 資本性ローンの調達の中で作る数値計画については、日本政策金融公庫から様々な角度から計画の実現可能性について検証することとなり、事業を運営する上でも非常に効果的かと思いました。 また、岡代表理事と阪田顧問のお話しにおいても、金融機関との具体的な付き合い方についてもアドバイス頂きました。現在は、ベンチャー企業を育てるという国策もあり、金融面や情報面において非常に恵まれており、一層加速して事業を拡大していきたいと感じました。今後ともご支援よろしくお願いいたします。

 

【参加者コメント:シェリングエコノミー】

日本政策金融公庫さんの資本性ローンについて名称は聞いたことはあったのですが、具体的にどのような内容かを存じ上げて無かったためご説明をいただき有り難かったです。公庫さんの窓口で伺うのも少々敷居が高いですし、適切なステージにならないと誰かに担当者様をご紹介いただく機会も無いかと存じますので、この様に早めのステップで情報を知る事が出来て非常に助かります。またセミナー最中に質疑応答が出来たところも良かったです。さらに岡さんや坂田さんの実体験に基づくご意見も伺えて、デッドに対しての理解も深まりました。本当にありがとうございました

 

【参加者コメント:メーカー】

①デッド調達は、金融庁の指導で事業計画書の作成を進めていく風潮にある。 すなわち過去の実績より、これからの未来に対する絵を重視するようになっていくということ。 ②資本制ローンは利益を出さずにひたすら事業を伸ばすモデルにおいて有効な手段であるが、 エクイティより、公平で資本を他に渡す必要がない。事業成長に自信があり、 大きく伸ばす伸びしろがあるなら必ず検討すべきである。 ③上場すれば個人保証はすべて外れて、空の青さを感じることができる。

 


2017年7月12日 CFO限定ランチ交流会


最高財務責任者を対象にした『CFOランチ交流会』をRegus運営のSPACES大手町で開催しました。
第1回目でしたが元上場企業のCFOや、有力ベンチャーからシードまで幅広いスタートアップのCFO、スポンサーのSMBC日興証券、新日本監査法人様も参加され、またトークセッションもかなり盛り上がりました(^^)
通常CFOは他社のCFOと会う機会が少ないのでかなり有意義な時間だったようです。参加された皆さんから次回開催への熱いリクエストが多数来ましたので9月か10月頃に第2回CFOランチ交流会を開催しますね。

【参加者コメント:ITサービス】

普段オフィスに籠って仕事をする機会が多い中で、IPOを目指している他社と接点を持つことが出来るのは非常に有意義な機会でした。自社の状況を話す中で、再来期のIPOを目指すのであれば、諸々、もっと前倒しでやるべきとアドバイスを受け、危機感を新たにしました(とはいえ、IPOは目的ではなく、あくまで通過点に過ぎないので、あまりそれにとらわれ過ぎることなく)。聞いた話の中では、主幹事証券会社選定にあたり、担当者をピンポイントで指名する、というのは、非常に面白いアプローチで、我々も、証券会社の営業を受け身になって聞くのではなく、こちらからプロアクティブに動いて決めるというのも良いかもしれないと感じました。

 

【参加者コメント:ファイナンス】

全体の印象はイベントとして大成功ではないかと感じております!まず、参加者についての印象として、全ての企業が高い意識を持ってご参加されている印象を受けました。協会の入会基準が上手く作用していると思います。セミナーの雰囲気で感じたこととしては、各人が初めて会ったにもかかわらず積極的に議論がなされており、トークセッションも大変盛り上がっておりました。ネットワーキングにおいても、皆様様々な情報交換を積極的に行っており、今後に繋がる話が出来たのではと感じております。

 

【参加者コメント:シェアリングエコノミー】

CFO、CFO向けのサービスをご提供されている事業者様と集まる機会があまりないので、非常に良い機会になりました。ギリギリなトークも、CFO会ならではの内容で、興味深かったです。我々もスピーカーで参加できればよかったのですが、数社のご意見がパネルディスカッション形式で聞けると、広がりがさらに出ると感じました(次回以降機会があればスピーカーもつとめさせてください)。また、CFOの業務として、資金調達もさることながら、人事を始め管理部門全般を見ている方も多いと思います。組織づくりや管理業務の効率化については、各社悩まれていることも多いと思うので、題材としてはやや地味ですが、そういったテーマで、他社のCFOの方々とディスカッションできる機会があると良いと思いました。 次回以降も楽しみにしております。引き続きよろしくお願いいたします。

 

【参加者コメント:マッチング】

普段はあまり会うことのないCFOが集まり、書籍には書いていない各々が持つ貴重な体験を共有することができました。 企業価値を上げ、IPOやM&Aをスムーズに実行するためにCFOの果たす責務は大きく、時には苦しむであろう中で、同じような環境で活躍する人たちとのネットワークは、今後の何よりの財産となると思っています。 今後ともご支援よろしくお願いいたします。

 

【参加者コメント:シェアリングエコノミー】

CFOはどこの会社でも同じ問題を抱えていくなという点が再認識でき、経験のある方とのつながりが大事だなと感じています。なのでネットワークを構築する機会は非常にありがたく、そういった場にはどんどん参加していこうと思います。 規模にもよるのと、今回は早めに帰らないといけなかったという点もありますが、皆様ともう少しお話できる時間があるとよりよかったなと個人的には感じました。

 

 


2017年7月5日、7日 資本政策セミナー


講師:プルータスコンサルティング 中川卓也氏、Stand by C 深野氏

◎セミナー内容

資本政策の重要なポイントと考え方・資金調達(タームシート)・SOの活用についてをショートレクチャーします。その後IPOケーススタディや質疑応答を中心に行いました。

 

【参加者コメント:マッチング】

この度は資本政策セミナーの開催ありがとうございます。 状況が変化していることから、基礎的な資本政策の知識の習得はもちろん、M&AでのEXITの増加など、最新の市場環境についても説明頂き、大変有意義な時間を過ごすことができました。 最も印象に残ったことは、EXITの形態がIPOであろうとM&Aであろうと、創業者、取締役、社員、VC、エンジェル等の間では利益相反関係があり、またステークホルダーが多様化、時間が長期化するほど利益相反が顕在化・複雑化することです。 また資本政策の失敗は後になって取り戻すことは非常で困難であり、例え資金面で厳しい状況であったとしても安易なエクイティファイナンスは厳禁で、ファイナンス面やリーガル面からのプロのサポートも検討していきたいと認識しました。 また違う切り口でのセミナー等、機会がございましたら参加させて頂きたいと思います。ありがとうございました。

 

【参加者コメント:ITサービス】

本日はありがとうございました!大変勉強になりました。 弊社の状況を正直に申し上げますと、都度調べたりしつつシードラウンドでの調達を終え、資本制ローンでの調達も済ましつつも今後の調達方針は不明瞭というものでした。 本日伺ったお話をもとにして、今後は他社事例を参考にしつつ、IPOから逆算した計画を作ることで大きな失敗をしない資金調達・資本政策が行えるのではないかと感じております。 他社の調達実績や上場までの実績値をもとにプロの方の目線でのご意見を頂けたのは非常に貴重な機会となりました。 また、VCの種類ごとの特徴についてお伺い出来たことも非常に参考になりました。 多くのVCの方とお会いしても、なかなか「実際のところどうなのだろうか」という思いが払拭できずにおりましたが、フラットな目線での印象を聞けたのは今後の資金調達先を検討する上での大きなヒントになりました。 まだまだ不勉強な部分が多く、ラウンドを重ねたりストックオプションの発行を検討したりというタイミングで悩みもでてくるかと思いますが、その際はご相談に乗って頂けますと幸いです! 引き続きどうぞよろしくお願い致します。
【参加者コメン:マッチング】
■所感 全体としては2時間等なかで、非常に学ぶことが多く参加させて頂いて本当に良かったです。
■良かった点 ・少人数だったので、プレゼンの途中で質問がしやすかった。 ・深野さんが全体のレベルを把握し、話すレベルを上げてくれた。 ※参加前は初級の内容(磯崎さんの黄色い方の本)じゃないかと心配してましたが、 ・ゲームウィズという実際の事例がメインの内容だったこと。理論よりも事例のほうが理解が深くなる。 ・岡さんがご自身の実体験に沿って、内容のフォローをしてくださったこと。(SOの部分など)やはりご経験の中から話を頂けると、何をどう気をつければ良いのか非常に腹落ちします。 ・2時間という時間設定。1.5時間だったら消化不良も多かったかもしれない
■改善点 参加者のレベルに合った内容であることが、内容の濃いセミナーになると思います。 そういった意味でセミナー前に、参加者に磯崎さんの「企業のファイナンス」と「起業のエクイティファイナンス」を読んだことがあるかアンケートを取り(この2冊は基本中の基本かと思いますので)、その状況で当日の話の内容を講師の方がどのレベル感でやるかを決めるのが良いかと思いました。 今回は、参加者の知識量もそれなりにあったので、ああいった内容になり良かったと思います。 参加者のレベルがどうやら高そうだとなった場合は、用意して頂いた内容を早めに終わらせ、質疑応答に時間をさくのが良いと思います。 先日磯崎さんの少人数のセミナーをたまたま受けられたのですが、約100分程度の時間の内、磯崎さんからの説明は20分で80分を質疑応答に割いてくれましたが、非常に有意義でした。 以上、ご参考まで。 また別の事例紹介でセミナーをやって頂きたいと思いました。ありがとうございました。

 

【参加者コメント:EC】

■所感 今まで独学で収集していた情報などの答え合わせをすることができ、とても有意義な時間をすごすことができました。 ■よかった点 ・少人数でステージが近いメンバーだったので、質問などを織り交ぜながら進行をしていただいたので理解が深まりました。 ・岡さんの具体的な事例や実績などを挟んでいただいたことで、より理解が深まりました ・事例を具体的に取り上げていただいたので、自身の事業計画や、調査の方法など具体的にイメージができました ・自身が去年やってしまいそうになっていた失敗ポイントを復習していただいたので、5年後から逆算するなど具体的な考え方が明確になった点がとてもよかったです ■改善点 私自身の知識不足があったので、事前に読んでおくべき著書やブログなどを共有いただいているとより吸収できることが高まったかなと感じています 実際にこういったお話を聞く機会がなく、自力で資料の作成やデューデリを進めていたので、今回のラウンドで行うべき行動指針が明確になりました!また具体的なご相談ものっていただけるととても嬉しいです!

 

【参加者コメント:マッチング】

今回、参加してまだまだ自分自身が資本政策について勉強不足だと感じました。しかし、このタイミングでセミナーに参加し、今後資金調達していく上でどんな知識が必要か知る機会をいただけたこと大変感謝しております。 話にもあったように(ゲームウィズを例に挙げて)資本政策は、一度実施してしますと後戻りできないということで、エグジットした時の時価総額と資本構成(+どれくらいストックオプションを行使するのか)を明確化させた上で逆算して作成することが改めて重要なのだと思いました。(具体例を挙げつつ説明していただけたので頭の中でイメージしながら話を聞くことができました。) 今後、相談等させていただけたら幸いです。よろしくお願い致します。

 


2017年3月1日 上場のためのPR戦略セミナー


講師:ベクトルグループ 代表取締役社長 西江肇司氏(東証一部上場)

 

◎セミナー内容について

上場準備企業や上場企業を対象に株主対策も含めたPR戦略について熱く語ってもらいました。後半は参加者との質疑応答で参加者の疑問や悩みを解消してもらいました。

内容は諸事情により割愛します(笑)

 

【参加者コメント:シェアリングエコノミー関係】

セミナーで以下を学びました。ありがとうございます! (1)「伝えたいこと(ビジネスモデル、サービス名(社名)など)」は、限りなくシンプルにすることが大切。短時間で覚えてもらえないと、気にかけてもらえない(無視されてしまう)。 (2)シンプルに伝えるためには(時代によって色々変わるが)現在は、動画やタレント、キャッチコピーが有効。 (3)シンプルではない場合(サービス内容を想像できない、など)だと浸透させるために、コミュニケーションコストがかかってしまう、または、時間がかかってしまう、あるいはその両方。

 

【参加者コメント:ブランディング関係】

本日は貴重なお話をいただき誠にありがとうございます。 弊社は現在シリーズAの資金調達に向けて動いており、今回は新たな株主への対応と上場後における株主への対応を学ぶという目的で参加させていただきました。 特に後者についてはこれからのIPOにおいて企業名やサービス名などの名称やHPの見せ方が上場時及び上場後の株価にどれほど影響があるかを知ることができました。今回の勉強会で早期にPRの重要性を知ることができたことが非常に良かったと感じております。 まずは自社サービスの機能強化に専念し、上場準備段階に入った暁には是非ともお力をお借りできれば幸いです。

 

【参加者コメント:AI関係】

いいものを世の中に広める」という言葉をから、「いいもの」ということだけでは世の中で広がらないという現実を改めて目の当たりにし、相手がいてのビジネスという観点(聞いたら忘れないキーワード)などの考えに触れ、やはり多元的に物事を見ることの重要性を再認識しました。 IPOに関して、馬鹿真面目にやるものだと理解していましたが、たしかに嘘にならない範囲でよく見せる努力は必要だと考えを改めました。 PRに関しては、2,3分の動画で説明できる環境を活用し、無駄な営業コスト・時間の削減と同時に最大効率化+ブランディング+スケールアップが手っ取り早く図れると理解しました。自社でも事業モデル、サービスの推敲を行った上で、2,3分動画を活用したいと思います。

 

【参加者コメント:求人関係】

PRが資金調達、会社の成長、上場後の株価等に如何に重要かとい うことが分かりました。自社のサービスを知っていただく上で会社 名やサービスのネーミングが分かりやすくする工夫をもう一度、自 社に振り返って考えたいと思います。また今までのマスメディアを 使った広告手法が通用しない時代になってきたのもよく分かりまし た。今回のセミナーで聞いた話と元に小資本でもいかに有効的なPRを行って、自社サービスの売上や認知が高まるように努力したい と思います

 

【参加者コメント:エンタメ関係】

WEBサイトのフロントに動画、絶対忘れない言葉など、今すぐ実行できる内容も多く、今後の事業展開に上手く活用できると確信できました。 環境の重要性や専門領域を持ち情報収集しまくる、大きな波に乗るなど、成功する人の12特徴のほとんどが、自分が思っている部分とリンクしたので、こちらを心がけて事業を進めていこうと思います。 今後ともよろしくお願いいたします。

 

【参加者コメント:求人関係】

PRの手法・また伝え方一つでその企業の価値が何倍にも何十倍にも変わるという事例を元にご説明頂いたのですごく分かりやすかったです。でもその手法はとても高度なものではなく、シンプルなそのポイントをいくつか抑えることで、他者と大きく差をつけることができると学びました。一番印象的だったのは西江さんの「PR一つでベンチャーにとっての2年間が縮まる。」という言葉でした。本日からできることがたくさんあったので早速実践していこうと思います

 

【参加者コメント:IT関係】

売れる仕組み、話題になる仕組みがあるということ。 今までの主流の方法や既成概念にとらわれず、「自分なら本当に買うか?使うか?理解できるか?」という正直ベースで考えること。 情報発信、話題作りの時代。その波にどう乗るかを考える。動画をトップページに載せて、簡潔に理解させる。 ネーミングは重要。まんま、くらいじゃないと伝わらない。(確かに、ピンとくるキャッチーな言葉は、ネーミングがうまいと実感。) 事業内容を整理し、会社名を考えることにしました。また、現在リニューアル作業中のHPのトップには動画を持ってくるよう提案することにしました。

 

【参加者コメント:マーケティング関係】

今後強烈な勢いでのグロースを目指している弊社にとって、本日学べたことは一生涯の糧となることを確信したセミナーでした。 効果的なPR手法について、具体例や数値ベースでの成果をお伺い出来たことは、今後のPR戦略だけでなく事業戦略の改善にも良いヒントとなりました。 なかでも、PR・IRによってIPO時の評価額が大きく変動するということを実例で示して頂いた際には大変な衝撃を受けました。 西江社長から直接、他では聞けないような濃い話・事例をお伺することができたことは、他社としのぎを削りながら戦っていく必要のあるスタートアップにとって大変強力な武器となると感じております。 本日学んだことを心に刻みつけ、事業を成長させるべく日々精進して参ります。 貴重な場に参加させて頂けたことを心より感謝致します。誠にありがとうございました。

 

【参加者コメント:求人関係】

本日は、PR戦略のプロである西江社長の勉強会でした。数々のPRを手掛け、同業他社との圧倒的な差を実現できる秘訣が勉強会に出る事で理解でき、肌で感じる事ができました。非常に落ち着いた話し方で、テンポがよく、かつ核心をついた話をされていて非常に勉強になりました。「ものを広げたい場合のZARA」という表現から、非常にPRというものを身近で、かつ安価で、クライアントの満足度が高いサービスを提供する事で信頼と実績を上げてこられたんだという事が伝わりました。

 

他には、絶対忘れないキーワードが重要であること、商品にエッジがあればPR効果が高いということ、そして何より見せ方を工夫し、わかりやすく、覚えやすいネーミング設定をする事で、記憶に残るような仕掛けが大切なのだという事が様々な事例と混ぜ、わかりやすくお話頂きました。かっこよさや、思いや、意味などでネーミングをしがちな部分が多い事で、浸透度に時間がかかる、費用がかかるなどもわかっていても、客観的な視点を持ち、シンプルでかつ伝わりやすいキーワードを選定することは、事業成長にとても重要かつ、優先順位が高いものなのだという事が改めて理解できました。「ベストな中立なキーワード」このことを意識し、今後自社のサービス名や社名なども含めてトータルで考え、必要であれば変更もしていく必要があると感じました。企業価値向上についてもPR効果が関係しており、HPの垢抜け具合や、競合の投資家へのアピールなども具体的な実施内容をお伺いする事でより理解をすることもできました。

 

IPOをするためには、周りの環境が大切であり、どのような環境にいるかで大きく結果が変わってくるという事、まねをすること、時代の流行りや波に乗ることの重要だという事も実感しました。体調を整え、周りに逆境の中に利益の種があることに気付く事や、仕組化をすること、人生を楽しむなども西江社長の哲学や考えなどもとても参考になりました。

どんなよい商品や事業であっても沢山の人たちに知ってもらえなければ、事業成長はありません。いかに戦略を立て、仕掛けを行い、注目され、そして認知をしてもらえるかという事はわかっていながらも、色々と考え、うまくいかない事が多いような気がしました。大事なことは、やはりユーザー視点に立ち、わかりやすい、覚えやすい、記憶に残りやすい、そして、体験・購買・使用してみたいなどにつなげる事ができるようになれば大きく会社を成長させる原動力になると思うので、今一度自身の会社にあてはめ、考え、工夫していこうと思いました。非常に中身の濃い、そして気づきが多い時間となりました。

 

初めてあう協会の会員の方とも交流や、情報交換ができ、刺激を受けたのも収穫でした。多忙な中、お時間頂きご登壇頂きました西江社長はじめ、岡さん、様々なご準備をして頂いた方々に心より感謝申し上げます。引き続きご支援とご指導の程宜しくお願い致します。


2017年2月24日 組織開発セミナー


講師:ロックオン株式会社 代表取締役社長 岩田 進氏(マザーズ上場)

 

 

◎セミナー内容について
ビジョン関係
ビジョンとミッションの作り方がわからない
ビジョンから人材ポリシーや評価軸の導き方が解らない。
ビジョンの組織浸透の方法が解らない。

報酬体系
効果的なインセンティブがわからない。
役割や階層別の設計方法が解らない。...
採用時に前職の報酬を据え置き、既存社員とのバランス調整方法が解らない。
SOとの両立が解らない。

人事評価制度
社員何名から導入したらいいかわからない。
成果評価と能力評価のバランスが解らない。
昇給ロジックの作り方が解らない。

マネジメント
職能部制と事業部制のどちらかいいか解らない。
2年先を見越した戦略人事の方法が解らない。
入社マネジメントや、円滑な退職マネジメントの方法が解らない。

 

【参加者コメント】社員20名

自社の現状の課題をベースに上場経験者の皆さんにコメントを頂ける機会として、とても貴重な会でした。 具体的な打ち手をイメージできたので、後は実行あるのみですね。 特に残業対策としてのPCのログイン時間の観測はとても参考になりました。 解決策は意外とシンプルですが、無知故の模索の時間を可能な限りショートカットできる良い機会でした。 ありがとうございます。

 

【参加者コメント】社員数30名

 優秀な人材を採用し、組織をつくり事業を加速させる。採用の要点を端的にご説明いただき、今後の採用組織づくりがシンプルに整理できました。3ヶ月以内に営業と開発に各1名、6ヶ月以内に財務1 名の部門責任者候補の採用を進めて参ります。残業対策、人事評価賃金制度など重
要度が高く未着手の課題も意識し、4月新卒入社までに具体的に改善します。

 

【参加者コメント】社員数10名

自社について不安に思っていることや悩んでることを的確にアドバイスやご指摘をして頂き、
何が正解なのかという自信が無かったですが、それがより明確になり、次に取るべきアクション
を考え実行するいい機会になりました。
また、自社よりも次のフェーズにいっている経営者の悩みを聞くこともでき、数年後に取り組む
べきこともイメージが湧いたので非常に勉強になりました。


2017年1月18日 組織開発セミナー


講師:株式会社あしたのチーム

●セミナー内容

 

  • MBOによる目標管理をする上で、目標設定の立て方
  • 昇格降格を検討する上で、どうしてもベテランが優遇されてしまう際の考え方
  • 体系的な評価制度を設計するには?
  • 報酬の決定軸を見える化し、従業員に安心して欲しい(今はおよそ感覚値で判断)
  • 営業マンの報酬設計(法律に反しない範囲で完全成功報酬型に近づけたい)
  • エンジニア(技術職)の成果主義報酬設計 

 

 

【参加者コメント】社員数8名

  • 現在自社の抱える疑問に対して直接ご相談できたので、ストレートに役立つ内容でした。
  • 個別にコンサルを受けるのではなく、グループで実施していただいたことにより、他の近しい規模感の企業さんの人事的な取り組みや考え方を知ることができたのはよかったです。
  • 目先の話ではなく、上場するにあたっての見え方や考え方を知ることができたのは大変勉強になりました。多分普通の組織開発セミナーではそう言った目線でのアドバイスはいただけなかったかと思います。

 

【参加者コメント】社員数30名

  • とてもクリエイティブでイノベーションを起こさなくてはならない状況に世の中は変わるのでは?という気持ちになっています。
  • 今後は法律の遵守と適法でどこまで企業が従業員の働き方と向き合えるか?が論点になるでしょう。弊社も残業時間の圧縮に4月から本格的に取り組むことになりそうです。そのための情報交換としては大変すばらしいものになりました。ありがとうございました!

【参加者コメント】社員数 5名

  • 合同のセミナーという事で、各々の経営者の悩みも含めて議論とともにプロの視点での意見を頂けてとても参考になりました。
  • 共通というか、あるあるの悩みしかないので、答えは割りとシンプルですし、全部を解決できる答えはないかもな、と思いました。

2016年11月28日開催 有償ストックオプションセミナー


講師 株式会社プルータスコンサルティング 中川エグゼクティブディレクター

 

セミナー内容

  • ストックオプションの基礎知識
  • 資本政策の落とし穴
  • 信託を活用した株式報酬制度について
  • 1円有償SO等の今後の扱いについて

 

【参加者コメント】

今回ストックオプションの勉強会ということで参加させていただきましたが、内容は会社を成長させるにあたって、躓きそうな資本政策、ステージごとのVCとの関わりあい方など多岐に渡りました。そもそもの、ストックオプションは、従業員にたいしてのモチベーションアップためだけのもので、適宜出していけば良いと安易に考えておりましたが、この講座を受講させていただくことにより、様々な手法があり、オーナー経営者はじめとする財務に関わる方々は全員受講したほうが良いではないかと思いました。大変お忙しいなか、お時間をお作り頂きました岡さん、大変わかりやすい言葉で解説くださいました中川さん、本当にありがとうございます。感謝申し上げます!

 

【参加者コメント】

本当に実務に出てくる超実践的な、ベンチャーの???な部分に対して、実際例を通じてご説明していただくことができ、悩みや問題解決しました。本当に素晴らしい時間でした。ありがとうございます。少人数なので都度質問もできて理解をしながら進めていただけました。

 

【参加者コメント】

資本政策の重要は、頭では分かっていたが、実際の対策までは理解できていなかった。一般的な書籍などでも表面的には知識を得れるが、投資家との交渉のコツや考え方は触れられておらず、大きな学びになった。ストックオプションについても、最新の手法や対策が分かり価値ある時間だった。