11月22日阪急阪神不動産・事業共創AWARD/2次審査エントリーフォーム


本イベントは、複数のスタートアップ企業がテーマに沿った事業のプレゼンテーション(ピッチ)を行い、審査を行うピッチコンテストです。

 

ピッチテーマは下記の5点です。

阪急阪神不動産が求めるサービス&プロダクト提案内容(ピッチテーマ)

①次世代技術を活用したビル管理運営の品質向上、効率化

②まち(梅田)での新たな働き方・過ごし方・遊び方を実現するサービスと来街者の利便性向上

③訪日旅行客を対象とした効果的なエリア・プロモーション

④集合住宅の新たな付加価値の創造

⑤次世代技術を活用したバックオフィスの業務効率化、働き方改革

 

タイムスケジュール(予定)

15:00 受付開始&名刺交換

15:30 各代表の挨拶と説明

15:45 3社ピッチ

17:15  休憩&名刺交換

17:30   2社ピッチ

18:30   懇親会

19:15   別室で審査会

19:45   結果発表

20:00 終了

 

 

【ピッチコンテスト 参加企業 募集概要】

・名称:阪急阪神不動産 事業共創AWARD

・開催日:20191122日(金)

・開催時間:1530分開始(予定) 

・開催会場:東阪急ビルディング7階 「GVH#5セミナールーム」(大阪市北区角田町11号)

・主催:一般社団法人日本スタートアップ支援協会(本部:大阪府池田市、代表理事:岡 隆宏)

・特別協賛:阪急阪神不動産

・申し込み:https://www.yumeplanning.jp/hhp/  ※関係者以外は見学不可

・応募資格:上場やMAを目指すスタートアップ企業・ベンチャー企業

・ピッチ:阪急阪神不動産が求めるサービス&プロダクト提案内容を7分間で行う(上記5点に沿う内容)。

・参加費:無料 ※関西以外の場合は旅費交通費を支給

・募集期間:118()18時まで

・選考日程:119()1115()・・・書類審査/オンライン面談

      1115()・・・ファイナリスト4社発表

 1122()・・・登壇、懇親会(ピッチ審査/入賞企業を発表)

・賞典:

―阪急阪神不動産との協業や実験検証を実現できる権利

―協会ファンドからの出資を受ける権利を獲得できます。

(最大2000万円まで、出資比率10%まで、投資契約等の締結が必要です。)

 

【詳細】上場やMAを目指すスタートアップ企業を支援する一般社団法人日本スタートアップ支援協会(代表理事:岡隆宏、以下スタートアップ支援協会)及びスタートアップとの共創を通じてお客さまへの新たな価値提供に取り組む阪急阪神不動産株式会社(社長:若林常夫)は、合同で20191122()1530分から東阪急ビルディング 7階「GVH#5セミナールーム」(大阪市北区)で「阪急阪神不動産 事業共創AWARD」を開催いたします。

 入賞者は、阪急阪神不動産との協業や実験検証を実現できる権利を獲得できるほか、スタートアップ支援協会が設立したファンドから最大2000万円までの出資を受けることができます。本イベントへの参加企業を募集しており、エントリー締め切りは118()18時までとなっております。協会と阪急阪神不動産との書類審査、メール、電話、オンラインでの面談を経て、1115()までにファイナリスト4社を発表いたします。多くのスタートアップ企業、ベンチャー企業のエントリーをお待ちしております。 

 

・備考:上記に記載の内容・スケジュールは予告なく変更となる場合がございます。


正式申込フォーム


項目が多く入力に時間がかかりますが、改めて自身のビジネスを考える良い機会になりますのでよろしくお願いします。

メモ: * は入力必須項目です