協会からの3つのコミットメント


1.50名の上場企業の経営者よるメンタリングで経営課題の解決に導きます。

2.協会ファンドで健全な資本政策と最適な資金調達を実現させます。

3.スポンサーや顧問企業、会員企業と連携してトップラインを作ります。


代表理事からのメッセージ


代表理事 岡 隆宏
代表理事 岡 隆宏

 私は東証マザーズ上場企業の夢展望株式会社(2013年マザーズ上場)の創業者です。2015年に実質バイアウトしたのち、2016年7月にベンチャーエコシステムを構築するために、上場企業の創業経営者仲間20名やスポンサーの協力を得てこの協会を設立しました。この協会を通じて私の上場前後の多くの失敗体験の継承を行い、反面教師として次の世代の起業家が同じ轍を踏まないように全力で支援しています。「うまくいかないときにどう考えたのか、どう切り抜けることができたのか」などの打ち手を伝えています。会員の皆さん全員にIPOやM&Aの興奮を味わってもらいたいと思います。

私のビジョンは30数年の間に川上から川下まですべてを経験したバランス力を活かしながら日本に良質なベンチャーエコシステムとコミュニティを構築することです。そして良質で治安のよいインナーサークルの中で「人と人をつなげて価値を生むこと」により、循環的なベンチャーエコシステムが継続的に再生産され、社会的影響力のあるIPO支援のプラットフォームになることを目的とします。

 

起業家の悩みは主に6つあります。

①孤立していてIPOやM&A実現のための事業戦略や経営課題の壁打ち相手がいない。

②資産管理会社や生前贈与など税務・財務・法務に関する知識が不足している。

③本当の資本政策や資金調達、M&A、アライアンスの知識やスキルが習得できない。

④人材採用力や販路拡大、資金調達に必要なネットワーク力が足りない

⑤予算設定、KPI管理、人事評価制度、チームビルディングなど内部管理体制のマネジメントがわからない。

⑥耳の痛い不都合な真実、リストラ、内紛、問題役員の処遇、退職社員とのトラブルの対処法教えてくれる人がいない。

 

私はこのような悩みを早期に解決できるように過去12回のピボット経験と、3回の直前期を経て8年がかりで上場を果たしたにがい経験を会員にリアルに伝え、話を聞き、長所短所を把握しメンタリングを通じて支援を行います。日本はシリコンバレーとは違い失敗を前向きに評価し許容する文化がまだ根付いてなく一度大きな失敗をすると再起するのが困難です。IPOも並大抵のことではありません。起業家はそのプレッシャーや経験の浅い同じステージの経営者仲間からのアドバイスでミスリードされたり、一人で孤立して悶々と悩み多くの時間とコストをロスして心が折れ逃げ出してしまうことが多々あります。私はIPOを目指す過程で苦しい時に悩みを相談して、もっとも適切なアドバイスができるのは、修羅場をくぐった上場企業の創業者=メンターやエンジェルだと考えます。彼らがメンタリングによりビジネスモデルの成長エンジンを見つけ、火をつけて加速させます。日本のスタートアップにはアメリカと比べも、メンターやエンジェルの数が絶対的に少ないので、彼らも育成できる仕組みを構築することが今の日本のスタートアップエコシステムに不可欠だと考えました。この協会は起業家とメンター、エンジェルを支援育成する目的で2016年7月に設立され、これまでで上場企業の創業経営者50名以上がメンター顧問として集まる日本で唯一無二の協会に成長しています。

  

2019年5月1日に協会をGPとしたJSSAァンドを設立しました1社あたり数千万円規模でシードからレイターまでを投資対象とします。IPOやM&AでEXITした先輩起業家が中心にLPになり、投資先をハンズオンします。ファンドの設立目的は下記の5つの課題解決になります。

①初期の資本政策の失敗
②地方・ミドル・女性起業家のシード
資金調達の長期化

③オーバーバリューによる次回ラウンドの調達失敗
④顧問のエンジェル投資の失敗

⑤低水準な日本のベンチャー投資額の底上げ。

 

優秀な会員ほど資金ショートが心配で資金調達のために多くの時間を使い過ぎ、トップラインの伸びの鈍化や内部組織の混乱が起きやすいようです。そこで協会ファンドは複数の外部専門家による人物評価や事業評価を重視した投資意思決定を短期で行い、他の出資者や銀行融資の呼び水になり資金調達が円滑になればと考えます。

 


私のFACEBOOKです。最新の協会の活動を中心に投稿してますのでぜひご覧ください。

 https://www.facebook.com/oka.takahiro.5

Twitterは下記になります。フォローしてください。

https://twitter.com/takahiro7164


50名の上場企業の創業経営者らが「壁打ち相手」になります。


 

会員には日本では数少ないIPOとM&Aの両方の経験を持つ代表理事の岡がメンターとして個別メンタリングを必ず行います。岡の過去10回以上のピボットを繰り返し、小売10年、中間流通10年、メーカー5年、ネット通販10年の事業経験を活かして企業価値の最大化のための事業戦略のブラッシュアップと壁打ちを行います。顧問も第一線の上場企業経営者やスペシャリストが多くベンチャーフレンドリーなので相性が合えばメンターやエンジェルになってもらえます。またIPO創業社長でしか話せない失敗談や修羅場、それをどう乗り越えたかを経験者がリアルに伝えます。さらに資金調達、財務戦略、組織活性マネジメント、経営メソッドなどをセミナーや交流会や懇親会、そして上場経営者を囲む会で聞くことでスタートアップが企業価値を最大化させるヒントを得ることができます。


最適な資本政策と資金調達をサポートします。


協会のエンジェルファンドの力でスタートアップが資本政策の失敗により、次の資金調達ラウンドにすすめない、経営のリーダーシップが取れない、IPOが目指せない、本業に集中できない、ことを防ぎます。また相場観に合った違和感のないフェアなバリューと、縛りを入れすぎない投資契約書で初期段階に投資することでスタートアップの今後の資金調達を円滑にします。EXITIPOだけにこだわらずM&Aもタイミングと条件が合えば実現させます。また資産管理会社や生前贈与、売出株数なども含めた税務対策も織り込んだ最適な資本政策を策定することでスタートアップがEXIT後に後悔しないようにします。

 

ファンドビジョン

日本最強クラスのエンジェルネットワークの構築と、優秀なスタートアップがEXITの登竜門として集まるファンドになることを目指します。

 

ファンドミッション

ファンドによりエンジェル投資家とスタートアップを取り巻く深刻な課題を早期解消します。

 

投資基準

原則としてEXITに必要な基礎知識の習得(ファイナンス 、インセンティブ、知財)とEXITが可能なビジネスモデルにブラッシュアップされた会員や会員候補の中で下記の条件を満たした企業を投資対象とする。

・投資に値する信用できる経営者及び経営チームなのか?辛く苦しい時に逃げないでやり切れるか?

・ステークホルダーが共感できる想いや夢が明確か?

・そのサービスやプロダクトはなくてはならないものか?

・綿密に市場分析し、企業価値を上げれる成長戦略をロジカルに描けているか?

・業界初、日本初、世界初、日本制覇、世界制覇できる革新的なビジネスモデルか?

・ユーザーの深刻な本当の課題(不満不安)を十分な学習により明確化されているか?

・その課題解決策と根拠は何か? その科学的な仮説検証手法は適正か?

 

投資決定

・投資の可否や条件等は無限責任組合員が開催する投資委員会において決定します。

・投資先は1業種1社ではありません。

 


直近の顧問就任者

就任月 市場 会社名 役職名 顧問名
9月   正林国際特許商標事務所 所長・弁理士 正林 真之
8月 JASDAQ ヒューマンホールディングス 代表取締役社長 佐藤朋也
8月 東証M サイジニア株式会社 代表取締役社長 吉井伸一郎

個別メンタリング/年間カリキュラム

〇第1回 組織マネジメント

チームビルディング、コミュニケーションスキル、CXOの採用方法

〇第2回 資金調達について

銀行融資、資本性ローン、増資、J-KISS、助成金補助金のメリットデメリット。

〇第3回 資本政策について

フェアバリュエーションと株主選定問題、持株比率など。

〇第4回 投資契約書について

タームシートによるレビューと改善策

〇第5回 資産管理会社について

税務効果と設立方法、ホールディングス化など。

〇第6回 予実管理とトップライン作り

予実差異分析と顧客紹介

〇第7回 上場準備の進捗管理について

チェックリストで課題抽出と改善指導

〇第8回  内部管理体制について

労働債権、関連当事者取引、反社・反市場チェックなど。

〇第9回 事業計画書について

蓋然性測定とブラッシュアップ、見直し 

〇第10回  ピッチトレーニング

スライド作成とプレゼンスキル指導。

〇第11回 ストックオプションについて

無償、有償、信託型などの説明

〇第12回 人事評価制度について

絶対評価と相対評価、リテンションマネジメント

〇第13回 PRについて

セルフブランディングや広報活動、社内プロモーション。

〇第14回 労務問題について

労基に関するリスクチェックと対策

〇第15回 IPO準備について

上場準備チームの作り方と見直し

 

 


入会審査基準の一部


協会のエコシステムと会員のクオリティを維持するためにシードアーリーステージの場合は原則として下記の入会審査基準があります。詳細はメンタリング時にお願いします。

形式基準 

CEOの持ち株比率が過半数以上(経営のリーダーシップを確保。グループ子会社、EXITがM&Aの場合は除外

②外部株主の持ち株比率が3分の1以下(IPO時での株価形成の阻害排除。グループ子会社、EXITがM&Aの場合は除外)

③株主構成/反社会的勢力、反市場勢力の排除の取り組み

 

●実質基準

①壁打ちができる地頭の良さ(面談時に評価します)

②ピボットも受け入れられる柔軟な環境対応力

③高いストレス耐性

④嘘をつかない、逃げない誠実な人間性

⑤差別優位性の高いビジネスモデル

※n-1のスタートアップはCFOの面談も同時に行います。

※この基準は予告なく変更することがありますのでご了承ください。

 

  • N-5期(シード期:ローンチ前) 
  • N-4期(アーリー期:ローンチ後で売上予測は不明)
  • N-3期(ミドル期:事業利益で赤字解消の目処)
  • N-2期(直前前期:短期的な利益予想が可能、内部管理体制の整備開始)
  • N-1期(直前期:予実管理と内部管理体制の整備完了)
  • N期(上場申請期)

直近の入会審査合格企業


 入会月  ビジネス領域 会社名  代表者名

資本金(千円)

9月 SaaS 株式会社ネクスタ 永原宏紀

10,000

9月 不動産  株式会社リアンコネクション 織田 京太 9,990 
9月

レジャートラベル

アイティベル

野崎晋平

5,500

9月 EdTech  株式会社アッテミー 吉田優子 1,000 
8月 メディア 株式会社アートローグ 鈴木大輔

17,000

8月 マーケティング  Rita株式会社  藤本 尚也

3,000 

8月  EdTech

株式会社シェアウィズ

辻川 友紀

47649

8月 FoodTech

フウド株式会社

岡 広樹

9,999

8月

セキュリティ

株式会社カウリス

島津敦好

205,414

7月

EC

株式会社ゴーゴーゴー

齋藤優太

5,000

7月

 EdTech

株式会社ViCOLLA Technologies

清水 直也

500

7月

FinTech

スマートアイデア株式会社

江尻 尚平

150,000

7月

FinTech

株式会社クラウドポート

藤田雄一郎

326,170





東京都女性ベンチャー成長促進事業APT Women運営事務局

APT Womenでは、プログラム受講後、東京都内で既に起業している又はこれから起業する可能性のある女性達のロールモデルとして、都内に暮らす女性の成長志向を醸成し、現代の女性に起業という新しい生き方の選択肢を示す役割を担う女性ベンチャーを募集します。

https://aptwomen.tokyo/program/training/index.html

雇用労働相談センター

国家戦略特別区域法に基づいて設置されるもので、新規開業直後の企業などが、日本の雇用ルールを的確に理解し、予見可能性を高めることにより、紛争を生じることなく円滑に事業展開できるよう、支援するものです。

 

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000090854.html



ビジネスチャンスの宝庫!

完全招待制ランチ交流会~オープンイノベーション~

会員、顧問を中心の有力投資家・上場企業の経営者やキーパーソンが参加するアライアンスと資金調達を目的にした事業パートナーマッチングのランチ交流会です。ここでないと出会えない人と出会える場、リアルなつながりでしか取れない情報がここにはあります。この少人数制のビジネスマッチングイベントを東京で年4回と大阪で年2回開催します。 

 

時間がとりやすくリラックスしやすいランチタイムにノンアルコールで1130分から15時まで開催されます。前半は、代表理事と上場企業の経営者やゲストとの豪華トークセッション、後半は、参加者全員のエレベーターピッチとネットワーキングタイムです


他ではありえない?上場経営者を囲む会

 

一線で活躍するビジネスリーダーである顧問やゲストを少数の会員で上場企業の経営者を囲む会を東京と大阪で年数回行います。セミナールームや上場企業経営者の会社に訪問して社内見学やアライアンスや資本政策、内部管理体制の失敗談や参加者の経営課題について質疑応答やマインドセット、メンタリングをフレンドリーな勉強会方式で行います。

 


自由度の高いアクセラレータープログラムとサービス

超実戦的な少人数制セミナー&勉強会

少人数制で進行役が代表理事、ゲストが各テーマの専門家や顧問という複数でのセミナーになります。スタートアップ側と証券会社、監査法人、VCとの情報格差をなくすためにおおいに役立ちます。ヤリ手の創業者は自分のビジョンを追求して他人の感情は無視する人種でもあるので人事マネジメントのセミナーも開催します。また通常のワンウェイのセミナー形式ではなく、ミートアップ形式で参加者同士の出会いの場、仲間つくりの場にもなるように進行を工夫します。

特にIPO経営者でしかわからないようなファイナンスとリーガルの知識習得に力を入れています。


組織開発セミナー

  • 人事評価制度
  • 上場準備チーム
  • 中途採用
  • 内部管理体制
  • 中長期経営計画

成長資金調達セミナー

  • 有償ストックオプション
  • 資本性ローン活用
  • デッドファイナンス
  • 助成金補助活用

専門分野セミナー

  • 資産管理会社
  • PRメディア戦略
  • IPO法務
  • プレスリリース
  • 実戦Eコマース
  • ピッチトレーニング


毎週開催!セミナー勉強会

セミナーは少人数制で講師の顧問、コンサルタント、仕業、専門家が質疑応答をメインに行います。
勉強会は代表理事がファシリテイターになりコメントを挟みながら司会進行を行い、参加者の顧問や会員の全員の意見やアイデアを聞きます。


会員・顧問・スポンサーの声

会員

株式会社エアークローゼット 代表取締役社長CEO 天沼聰さん

シェアリングエコノミー/資本金636,000千円

メンタリングやランチ交流会など、実際に経営に役立つ取り組みを積極的に実施していただいています。メンタリングは、先輩経営者の生の経験談から現状の経営課題へのヒントや、今注力すべきことの整理をする貴重な時間となります。また、ランチ交流会では普段出会わない他業種や他の地域の経営者の皆さまとの交流ができ、ビジネスの幅が広がる良い場となっています。 画一的に一斉にサポートをおこなうのではなく、スタートアップの経営者にとって必要なサポートをそれぞれの会社・経営者のフェーズに合わせて実施をしていただけるのは時間の効率化にもつながり、これまでにない価値のあるスタートアップ支援だと感じます。

顧問

CChannel株式会社 代表取締役社長 森川 亮さん

動画メディア企画制作

厳選されたメンバーが深い部分まで掘り下げてメンタリングしてくれるので起業家が安心して相談できるコミュ ニティになっています。まだまだ規模は小さいですが起業家の先輩に相談したいことがある方、また起業家同士で 励ましあって成長したい方々にはオススメです。また起業家の先輩で自身の経験を生かしたい、起業家を応援し て日本を元気にしたいという方々もお待ちしています。

関連記事

https://www.nikkei.com/article/DGXKZO27630550S8A300C1XY0000/

 

スポンサー

株式会社パルコ 執行役員CMO 林 直孝さん

東京開催のビジネスランチ交流会に毎回参加させていただいております。
スタートアップの代表の方と直接対面コミュニケーションがとれることで、事業の内容の理解が進むだけでなく、その場でお互いのビジネスにどう活かせるかというアイデア交換もできます。おかげで、交流会後も個別で面談させていただき具体的な実際に弊社のビジネスに会員企業の皆様のサービスを導入させていただく事例も出てきています。
各業界で成功されている顧問の皆様との交流も非常に有意義で、通常のネットワークではなかなか接触できない貴重な情報源となっています。