入会案内



気楽にマンツーマンで個別相談できるハイレベルなメンターを求める方へ


 過去12回のピボットで8年がかりで上場を果たした経験をリアルに伝えます。

起業家の話を聞き長所短所を見抜いて、メンタリングを通じてそれを気づいてもらいながら各種支援を行います。

日本ではシリコンバレーとは違い失敗を前向きに評価し許容する文化がまだ根付いていませんので一度大きな失敗をすると再起するのが困難です。一人で孤立して悶々と悩み、多くの時間とコストをロスして心が折れることは致命傷になりかねません。それを未然に防ぐためにも好奇心が旺盛で人脈が豊富で成功体験だけでなく失敗も豊富な事業経験者のメンターが必要です

  ①IPOを目指す事業戦略や経営課題の壁打ち相手がいない。

  ②本当の上場準備や資金調達、M&Aのスキル・ノウハウがわからない。

      ③実戦的な予算設定、KPI進捗管理、実験検証方法、人事マネジメントなどがわからない。

  ④耳の痛い不都合な真実を教えてくれる人がいない。

一番即効性がある解決策は上場企業の創業者がメンターになりセフティネットを構築することだと考え、2016年7月に上場企業の経営者20名が顧問になりこの協会を設立しました。今では顧問が120名(その内60名が上場企業の経営者)、会員企業は120社以上になり日本でも唯一無二のベンチャーコミュニティーとして成長しています。

 

協会について詳しく知りたい、どんな会員がいるのか、メンタリングでは何をするのか知りたい?などの疑問を解消するためにイベントセミナーに1回体験参加することができます。詳しくは面談時にご説明します。

 


資金調達を急いでいる方へ


新型コロナによりスタートアップを取り巻く資金調達の環境が激変しました。

会員になると協会ファンドや、顧問のエンジェルやVCのトップを紹介しますので効率的な資金調達が可能です。

ただそのためには事業のブラッシュアップやピボットも必要かもしれません。これは参入市場やビジネスモデル、トラクション、経営者により個人差がありますので一概には言えませんが数か月から1年以内に調達できるケースが多いです。

 


入会審査基準について


協会の信頼性と安全性を確保するために、入会に際しましては代表理事との面談を必須とさせていただいています。その後理事会にて最終審査とさせていただいております。ネットワークビジネス(連鎖販売取引)に関わる方の入会はお断りしております。


入会申し込みから正式入会までの流れ


入会面談を希望される方は下記の面談事前アンケートフォームに記入して送信してください。岡代表理事と会われた方は紹介者を岡代表理事と記入してください。 

1.事前面談アンケートフォームの送信内容から経営課題を確定した後にWeb予約により面談日時の決定をします。

2.面談後に入会意思確認のための面談後アンケートフォームを送信します。

3.入会希望者に入会審査申し込みフォームを送信します。

4.協会側で会社情報等の確認をします。

5.理事会で最終審査となります。(2週間以上かかる場合があります)

6.審査合格者に会員マニュアルと各種資料、請求書、クレジット決済のURL等が記載された合格通知メールを送信をします。事務手続きの簡略化のために原則クレジット払いをお願いしています。銀行振込を希望される場合は年払いのみになりますがご希望の方はお申し出ください。月払いは毎月月末、年払いも1年後に自動的に継続してクレジット決済が行われます。

7.年払いを選んでいただくと2020年1月からのセミナーイベントの参加費が代表取締役だけ無料になります。代表取締役以外は有料になります。

8.クレジット決済や銀行振り込みを確認できた時点で正式入会決定となり、協会内での各種登録がされますのですみやかに連絡ください。

※事務経費の削減のために特に入会申し込み書や証明書の発行はいません。また請求書の郵送はしませんので印刷して保管してください。


会員種別について


入会金と年会費は下記の会員種別とコースにより異なります。

メンタリング回数や顧問やスポンサーの個別紹介数、セミナーイベントへの社員の参加可能数についてはコースにより上限があります。セミナー参加数には代表取締役も含みます。

メンタリングは1回50分、同席3名までです。(オンラインも可)

※2020年1月1日から2020年6月30日契約分まで適用


特待生会員(学生&起業前後の社会人)


【要件】代表理事や顧問との面談の上、学生起業家や起業前後のスタートアップの中で資金調達前で資金のない資本金+準備金が100万円以下,今期年商見込み100万円以下の初期段階のスタートアップ経営者を特待生とします

【特典】次回の資金調達まで月会費は後払いで1年間を上限に支援します。毎月1回の面談、年間紹介可能数は12社、セミナーイベントの参加者可能数は1名までです。セミナー参加数には代表取締役も含みます。

メンタリングは1回50分、同席3名までです。オンラインも可です。

セミナーイベントの参加費が代表取締役だけ無料になります。代表取締役以外は有料になります。

 

【条件】入会手数料10,000円と毎月1000円の事務手数料はいただきます。支払方法はクレジット月払いのみになります。

資金調達直後に準会員か一般会員の過去の月会費の支払いを遡ってお願いします。入会金と月会費はその時の価格になります。1年以内で資金調達できない場合は退会となりますが、過去の入会金や月会費の請求は一切しませんのでご安心ください。


シード会員(準会員)


【要件】資本金が準備金を合わせて1億円以下かつ今期年商見込み1億円以下の企業が対象となります。

グループ経営の場合はグループ合計の資本金(準備金含む)になります。

※資金調達が成功して1億円以上の資本金や年商になった場合は一般会員に変更報告してください。

 

入会金:50,000円  

年会費:下記のコースからお選びください。

途中解約:お支払方法でクレジット「月払い」を選んでいただくと途中解約可なので安心して入会できます。

 

 コース   面談回数 月会費(税別)

特徴

年間紹介可能数

参加者数

レギュラーライト 隔月1回

10,000円

マイペースで上場準備をしたい方向け

6社まで

1名まで

レギュラー

毎月1回

20,000円

最短最速で上場準備をしたい方向け

12社まで

2名まで

ゴールド会員

毎月2回

30,000円

課題山積みの中で上場準備をしたい方向け

24社まで

3名まで

一般会員


【要件】資本金が準備金を合わせて1億円以上もしくは今期年商見込み1億円以上の企業が対象になります。

グループ経営の場合はグループ合計の資本金(準備金含む)になります。

 

入会金 100,000円(税別)

年会費:下記のコースからお選びください。

途中解約:お支払方法でクレジット「月払い」を選んでいただくと途中解約可なので安心して入会できます。

 

 コース 面談回数

月会費(税別)

 特徴 年間紹介可能社数 参加者数
レギュラーライト

隔月1回

20,000円

マイペースで上場準備をしたい方向け 6社まで 1名まで

レギュラー

毎月1回

40,000円

最短最速で上場準備をしたい方向け

 

12社まで

2名まで

ゴールド

毎月2回

60,000円

課題山積みの中で上場準備をしたい方向け

24社まで

3名まで


お支払方法


 月会費のお支払方法は年払いの銀行振り込みとクレジットによる月払いと特典付きの年払いがあります。年払いを選んでいただくとセミナーイベントの参加費が代表取締役だけ無料になる特典が付きます。代表取締役以外は有料になります。

月払いは毎月月末、年払いは1年後に自動的に継続してクレジット決済が行われます。ご希望の方には領収書を随時発行します。 ※入会金は初月一括払いになります。

 ※2020年1月1日から2020年3月31日契約分まで適用


退会について


 代表理事に対して月払いの方は毎月20日までに、年払いの方は更新月の2か月前の20日までに所定書面による退会の通知を行うことにより本会を退会することができます。この場合、当月と翌月の月会費は引き落としされますのでその間は会員扱いとなります。既にクレジットや銀行振込で支払われた入会金及び月会費や年会費(12か月分)はその理由の如何を問わず一切返還しないものとします。

【コース変更】更新時に変更したい場合は更新月の2か月前の20日までに所定の書面で通知してください。


メンタリングについてお願い


ズームやスカイプでのオンラインメンタリングも可です。ただし前後のメンタリング予定の関係で接続準備時間も50分間に含みます。メンタリング中は必ずメモを取っていただき、当日中に箇条書きでいいので内容と感想、次回までの実施項目等の議事録をチャットワークで送信願います。次回の振り返りに使います。

また2回目以降のメンタリングでは、前日までに課題に対して実行してきたことを送信してください。進捗確認などのアジェンダとして使います。


有料コミュニティー化の経緯について


当協会の運営費は主に会員の入会金、年会費と大企業からの小口のスポンサー料により拠出されます。

当初はスポンサーも付けないで、完全無償でメンタリング活動を行っていましたが、会員の急増により、支援のクオリティやモラルの低下、想定以上の経済的負担により協会の支援を本来必要としている意識の高い会員からの期待に応えられなくなりました。

2016年7月から法人化し有料のコミュニティにすることで、ハードルが高くなり、本気度と意識の高い系メンバーだけにスクリーニングされ、協会内にいい緊張感が生まれてきました。またメンタリングやイベント、セミナーなどでも質の高いサービスを行えるようになりました。その効果でアライアンスやファイナンスの成功報告が急激に増えています


免責事項


本会は会員や顧問への情報交換、相互交流、事業活動全般の援助を行うのみであり、経済的利益を保障するものではありません。

会員は、本会の活動に関連して取得した資料、情報等について、自らの判断によりその利用の採決・方法等を決定するものとし、これらに起因して会員又は第三者が被害を被った場合であっても、本会は一切の責任を負わないものとします。