出張ピッチレポート


2019年11月22日 阪急阪神不動産 事業共創AWARD


1122日協会スポンサーの阪急阪神不動産様と合同で「阪急阪神不動産 事業共創AWARD」を開催しました。

https://www.hhp.co.jp/

 

今回はクローズドピッチイベントとして若林社長以下50名の全役員と幹部社員の方だけがオーディエンスとして参加されました。準備に3ヶ月、当日も5時間以上かけたピッチイベントで、守秘性の高い内容も含まれるので、メディア取材も無しで真剣に協業を探る濃厚な時間になりました。質疑応答も審査会も非常に活発で阪急阪神不動産様のベンチャーフレンドリーな社風を感じる事が出来ました。

 

 今回の阪急阪神不動産様が求めるサービス&プロダクト提案内容は下記で、これをテーマに20社以上の応募企業の中から選ばれた5社がピッチをしました。

①次世代技術を活用したビル管理運営の品質向上、効率化

②まち(梅田)での新たな働き方・過ごし方・遊び方を実現するサービスと来街者の利便性向上

③訪日旅行客を対象とした効果的なエリア・プロモーション

④集合住宅の新たな付加価値の創造

⑤次世代技術を活用したバックオフィスの業務効率化、働き方改革

 

栄えある最優秀賞は甲乙つけがたく2社に決まりました。

○最優秀賞+オーディエンス賞

 株式会社Replace/代表取締役社長 中谷タスク氏

https://www.replace-inc.com/

 

○最優秀賞

 株式会社ACALL/代表取締役社長 長沼斉寿氏

https://corp.acall.jp/

 

○技術賞

SENSY株式会社/代表取締役社長 渡辺祐樹氏

https://sensy.ai/

 

○審査委員賞

ダブルフロンティア株式会社/代表取締役社長 八木橋裕氏

http://www.wfrontier.jp/

 

○アイデア賞

 株式会社アイティベル/代表取締役社長 野崎晋平氏

https://www.jewelry-aquarium.com/

 

○協会ファンドによる優勝出資賞金が最高2000万円のTHE JSSA HANKYUHANSHIN AWARD

 株式会社Replace/代表取締役社長 中谷タスク氏

https://www.replace-inc.com/

 

受賞者の皆さん、おめでとうございます。ピッチトレーニングもお疲れ様でした。これから阪急阪神不動産様との具体的な協業を詰めていってもらえればと思います。期待しています‼️

 

ピッチイベントに参加された約50名の阪急阪神不動産様の皆様、事務局の皆様のご協力で素晴らしいイベントになりました。お忙しい中本当にありがとうございました。今後も登壇者に期待されている成果が出るように全力でサポートさせていただきます。

 

※代表理事岡隆宏のFacebookから抜粋